アマゾンの可能性はアップル以上?「来年中にアップルを追い越す」

アマゾンの可能性はアップル以上?「来年中にアップルを追い越す」

世界的なネット通販大手米アマゾンの時価総額が4日、アップルに続き、1兆ドル(約111兆円)を超えた。取引時間中に一時的な記録だったが、米メディアなどは、アップルの1兆ドル突破からわずか一ヶ月も経てない期間でアマゾンが1兆ドル企業入りを達成したことに注目し、「2兆ドル突破も難しくない」と評価した。

特にウォールストリート・ジャーナルは、「アマゾンが他の巨大IT企業に比べ、効率的な事業をしている」とし「遠くない将来にアップルも追い越すだろう」と予想し、注目を集めた。

アップルが過去10年間、iPhoneに大きく依存して成長。グーグルは様々な事業への挑戦にも大体の利益と売上をまだオンライン広告に集中されている。その一方、アマゾンは主要事業である流通だけでなく、人工知能(AI)機器とメディア、広告に領域を拡大している。また売上高の11%と営業利益のほとんどはクラウドサービスからの利益だ。現在はオンライン薬局と医療保険市場への進出も進めている。

このような多様なビジネス展開で、アマゾンの売上高は2007年以降、年平均28%の成長率を記録した。アップルの22%とグーグルの20%を上回る数値だ。今年上半期の営業利益は49億ドルで、昨年同じ期間より3倍も増加した。

昨年には食料品スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット」を買収。一部の販売価格を引き下げをはじめ、店内にスピーカー型音声認識機器「Amazon Echo」の設置など改革に力を入れている。また、直営の本屋開店、レジのない店「Go」への投資など、オフラインの店舗も今後拡大していく意志を示している。

ウォール街では、来年中にアマゾンの年間売上高がアップルを上回ると予測している。
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »