トランプ氏、次のターゲットは日本車か…「日本との良好関係は終わる」

トランプ氏、次のターゲットは日本車か…「日本との良好関係は終わる」

トランプ米大統領が次の貿易戦争のターゲットに日本を念頭に置いているような発言をしたことが分かった。

米ウォールストリート・ジャーナルのコラムニストであるジェームズ・フリーマン氏は6日、最近トランプ大統領が自身に電話をかけ、「日本の指導部とは良好な関係だが、彼らは対価を支払うべきだ。私がそれを言う瞬間、(良好な関係は)終わるだろうと話した」と伝えた。

フリーマン氏は「貿易赤字を減らすことに非常に集中しているトランプ大統領は北米と欧州の同盟国との交渉が妥結しても、貿易の不確実性が終わるわけではないと見ている」とし、「日本との交易条件を依然として気にしているようだ」と伝えた。

専門家らも、日本の自動車産業がトランプ大統領の次の攻撃対象になることを憂慮した。アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のアジア担当エコノミスト、デリック・シザーズ氏は「トランプは貿易戦争の相手を探している」とし、日本が最も有力な候補になると語った。欧州連合(EU)はすでに米国から自動車関税の免除を受け、カナダとメキシコの場合は新しい北米自由貿易協定(NAFTA)への署名を通じて自動車関税の免除を得られる。こういう背景からシザーズ氏は「次のターゲットは日本になる可能性が高い」と予想した。

トランプ政権は鉄鋼・アルミニウムの輸入品にそれぞれ25%、10%の関税を賦課している。今年5月からは通商拡大法232条を根拠に輸入自動車と自動車部品の追加関税も検討中だ。

米国の対日貿易赤字は昨年基準で688億ドルを記録している。中国とメキシコに続き三番目に大きい規模。対日貿易赤字の4分の3が自動車と自動車部品から出ている。

日本と米国は先月初め、ワシントンで貿易交渉を開いたが、接点を見つけられなかったという。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る