ビッソム、新たな仮想通貨取引所を今月披露… 脱中央化でセキュリティ強化

ビッソム、新たな仮想通貨取引所を今月披露… 脱中央化でセキュリティ強化

韓国の仮想通貨取引所「ビッソム(bithumb)」が新たな仮想通貨取引所を今月中にオープンする。新仮想通貨取引所は既存の取引所のように取引を仲介する方式ではなく、個人と個人が直接仮想通貨を交換する、いわゆる「脱中央化取引所」だ。

ビッソムは1日、海外子会社を通じて新しい取引所「ビッソム・デックス(bithumb DEX)」を今月中に披露する予定だと明らかにした。ビッソムの説明によると、既に脱中央化取引所を運営している海外のブロックチェーン企業「ワンルート」と協力し、新しい取引所をオープンする計画。

脱中央化方式で開発中のビッソム・デックスは、ビッソムで仮想通貨を保管しないのが特徴。個人と個人がそれぞれの電子財布を通してコインを交換する。専門家らは「取引の速度は多少遅いかもしれないが、セキュリティの面では非常に優れている」と評価する。

システムが一元化された取引所は、顧客の仮想通貨を運営社が直接保管する。そのため、ハッキングによる攻撃で、仮想通貨が流出されるケースが絶えないのが現実。ビッソムもハッキングによる被害で大きな打撃を受けた経験があり、セキュリティ強化を優先する取引所の運営に意欲を見せてきた。

脱中央化取引所は海外でも注目されている。主要取引所であるバイナンス(BINANCE)なども脱中央化取引所の運営計画を発表している。韓国のアップビット(UPbit)は脱中央化取引所「オールビット(Allbit)」に投資している。

業界関係者は「ビッソムは取引量の規模だけを見ると、世界トップクラス取引所の一つだが、利用者のほとんどが韓国人」とし「世界市場で注目されている脱中央化取引所の運営を通じて、世界の有力取引所と競争するという戦略だ」と分析した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る