空飛ぶタクシーが常用化?ボーイング「来年にプロトタイプ披露」

空飛ぶタクシーが常用化?ボーイング「来年にプロトタイプ披露」

米ボーイング社が来年に「空を飛ぶタクシー」の試作品を披露する予定だ。また、5年以内に空を飛ぶタクシーの常用化のための交通制御システムを準備する計画だと発表した。

ボーイング社のデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は同日、ブルームバーグTVとのインタビューで、「都市の移動手段がまさに私たちの目の前で変貌している」と、このような計画を明らかにした。また、「空を飛ぶタクシーの試作品を製作しており、来年に飛ぶことができると期待する」とし「5年以内に関連交通制御システムを開発するため、関係当局と一緒に作業している」と伝えた

マレンバーグ氏は「3次元のハイウェイは交通渋滞を緩和し、人々がより効率的に仕事をするように手助けする」とし「我々は規制の枠組みと新車開発を一緒に準備中で、すべてのことが現在起きている」と述べた。

ボーイング社は「空を飛ぶタクシー」開発に投資を集中している。昨年は無人航空機の開発会社「オーロラ・フライト・サイエンシズ」を買収。配車大手ウーバーと協力し、空を飛ぶタクシーを共同で開発中だ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »