米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国が宝くじの熱気に包まれた。米宝くじメガミリオンズの1位賞金が天文学的な金額に膨れ上がり、全国的に人生逆転を夢見る人々の宝くじ購入が続いている。

米国に居住するマーク・キム氏は当選確率を少しでも高めるため、職場の同僚や友人と一緒にお金を集めて宝くじを購入した。同氏は「当選の可能性は事実上殆どないことはわかっているが、賞金があまりにも多いため、‟もしかして私が”という気持ちで宝くじを何枚購入した」と述べた。

米放送局CNBCによると、メガミリオンの賞金は現在、16億ドル(1800億円)まで増え、米国の宝くじ史上最高額を記録した。次の抽選は23日夜(現地時間)に行われる。1等当選確率は約3億260万分の1。確率的に、雷に打たれる確率(1000万分の1)よりもはるかに可能性が低い。

1等に当選すると、30年間に渡って賞金を分けて受けたり、一括で割引された金額を受け取ることになる。しかし、いずれも連邦税と州税を支払うため、実際の受領額は大きく減る。メガミリオンの賞金16億ドルを一括でもらうと、9億400万ドル。税金を除けば、居住する州に応じて異なるが、当選者は4億8980万ドルから5億6950万ドルを手にすることになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »