米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国が宝くじの熱気に包まれた。米宝くじメガミリオンズの1位賞金が天文学的な金額に膨れ上がり、全国的に人生逆転を夢見る人々の宝くじ購入が続いている。

米国に居住するマーク・キム氏は当選確率を少しでも高めるため、職場の同僚や友人と一緒にお金を集めて宝くじを購入した。同氏は「当選の可能性は事実上殆どないことはわかっているが、賞金があまりにも多いため、‟もしかして私が”という気持ちで宝くじを何枚購入した」と述べた。

米放送局CNBCによると、メガミリオンの賞金は現在、16億ドル(1800億円)まで増え、米国の宝くじ史上最高額を記録した。次の抽選は23日夜(現地時間)に行われる。1等当選確率は約3億260万分の1。確率的に、雷に打たれる確率(1000万分の1)よりもはるかに可能性が低い。

1等に当選すると、30年間に渡って賞金を分けて受けたり、一括で割引された金額を受け取ることになる。しかし、いずれも連邦税と州税を支払うため、実際の受領額は大きく減る。メガミリオンの賞金16億ドルを一括でもらうと、9億400万ドル。税金を除けば、居住する州に応じて異なるが、当選者は4億8980万ドルから5億6950万ドルを手にすることになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »