米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国が宝くじの熱気に包まれた。米宝くじメガミリオンズの1位賞金が天文学的な金額に膨れ上がり、全国的に人生逆転を夢見る人々の宝くじ購入が続いている。

米国に居住するマーク・キム氏は当選確率を少しでも高めるため、職場の同僚や友人と一緒にお金を集めて宝くじを購入した。同氏は「当選の可能性は事実上殆どないことはわかっているが、賞金があまりにも多いため、‟もしかして私が”という気持ちで宝くじを何枚購入した」と述べた。

米放送局CNBCによると、メガミリオンの賞金は現在、16億ドル(1800億円)まで増え、米国の宝くじ史上最高額を記録した。次の抽選は23日夜(現地時間)に行われる。1等当選確率は約3億260万分の1。確率的に、雷に打たれる確率(1000万分の1)よりもはるかに可能性が低い。

1等に当選すると、30年間に渡って賞金を分けて受けたり、一括で割引された金額を受け取ることになる。しかし、いずれも連邦税と州税を支払うため、実際の受領額は大きく減る。メガミリオンの賞金16億ドルを一括でもらうと、9億400万ドル。税金を除けば、居住する州に応じて異なるが、当選者は4億8980万ドルから5億6950万ドルを手にすることになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトTh…
  2. 韓国統一省は22日、北朝鮮が同日午前に南北共同連絡事務所の韓国側に「北側の連絡事務所は上部の指示に基…
  3. 根本匠厚生労働相は22日、金浦(キンポ)空港で暴行事件を起こした同省の幹部に対し「事実関係をしっかり…
  4. ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の"プロポフォール投与疑惑"を捜査して…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領と日本の安倍晋三首相が4月から6月まで、毎月となる3ヶ月連続で面会し、…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る