米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国は宝くじブーム…1等賞金が1800億円 23日に抽選

米国が宝くじの熱気に包まれた。米宝くじメガミリオンズの1位賞金が天文学的な金額に膨れ上がり、全国的に人生逆転を夢見る人々の宝くじ購入が続いている。

米国に居住するマーク・キム氏は当選確率を少しでも高めるため、職場の同僚や友人と一緒にお金を集めて宝くじを購入した。同氏は「当選の可能性は事実上殆どないことはわかっているが、賞金があまりにも多いため、‟もしかして私が”という気持ちで宝くじを何枚購入した」と述べた。

米放送局CNBCによると、メガミリオンの賞金は現在、16億ドル(1800億円)まで増え、米国の宝くじ史上最高額を記録した。次の抽選は23日夜(現地時間)に行われる。1等当選確率は約3億260万分の1。確率的に、雷に打たれる確率(1000万分の1)よりもはるかに可能性が低い。

1等に当選すると、30年間に渡って賞金を分けて受けたり、一括で割引された金額を受け取ることになる。しかし、いずれも連邦税と州税を支払うため、実際の受領額は大きく減る。メガミリオンの賞金16億ドルを一括でもらうと、9億400万ドル。税金を除けば、居住する州に応じて異なるが、当選者は4億8980万ドルから5億6950万ドルを手にすることになる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  2. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  3. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…
  4. 米中対立が中華圏に飛び火している。中国による香港の国家保安法制定や台湾による最先端魚雷購入推進に米中…
  5. ドイツ連邦統計庁は25日(現地時間)、ドイツのGDPが第1四半期にマイナス2.2%を記録したと発表し…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »