米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米国のハワイ州が、100歳以下の人にタバコの販売を禁じる強力な禁煙法案を推進することが分かった。同法案は事実上、喫煙を禁止することになり、州議会で可決すれば、ハワイでタバコを買うことができなくなる。

海外メディアによると、民主党のリチャード・クリーガン下院議員は、2020年から2024年までタバコを購入できる年齢の制限を毎年引き上げる法案を発議した。

法案には、現在の喫煙可能年齢である21歳を2020年には30歳以上に引き上げ、その後は毎年40歳、50歳、60歳にする内容が盛り込まれている。最終的には喫煙可能年齢をさらに強化し、2024年には100歳以上だけにタバコの購入を可能にするようにしている。

同法案が可決されれば、法に定めた喫煙可能年齢以下の住民は州内でタバコを購入することができなくなる。ただ観光客はハワイ以外の地域でタバコを持って入ってくることは可能となる。また電子タバコと噛みタバコは対象に含まれない。

ハワイは以前から喫煙を制限する政策を推進してきた。2017年には米国で初めてタバコの購入可能年齢を21歳にした。ハワイを除く他の州では、18歳または19歳になるとタバコの購入が可能だ。

しかし、法案が実際に可決されるのかは未知数。BBCなどは法案の通過にタバコ会社の強い反発が伴うと予想している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国観光公社は日本の大型連休「ゴールデンウィーク(GW)」を前に、25日から来韓日本人観光客を対象と…
  2. 今月2日、ビットコインの価格が一気に約7万円を超える上昇を見せ、昨年11月以降初めて、5000ドル台…
  3. GoogleとAppleが第5世代移動通信システム(5G)の商用化を控え、新しいゲームプラットフォー…
  4. 19日、世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、文大統領が「よくやっている」とする肯定的な評価は、先…
  5. 北朝鮮の外務官僚が朝鮮中央通信を通じてマイク・ポンペオ米国務長官を非難し、降板を要求した事について、…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る