米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米国のハワイ州が、100歳以下の人にタバコの販売を禁じる強力な禁煙法案を推進することが分かった。同法案は事実上、喫煙を禁止することになり、州議会で可決すれば、ハワイでタバコを買うことができなくなる。

海外メディアによると、民主党のリチャード・クリーガン下院議員は、2020年から2024年までタバコを購入できる年齢の制限を毎年引き上げる法案を発議した。

法案には、現在の喫煙可能年齢である21歳を2020年には30歳以上に引き上げ、その後は毎年40歳、50歳、60歳にする内容が盛り込まれている。最終的には喫煙可能年齢をさらに強化し、2024年には100歳以上だけにタバコの購入を可能にするようにしている。

同法案が可決されれば、法に定めた喫煙可能年齢以下の住民は州内でタバコを購入することができなくなる。ただ観光客はハワイ以外の地域でタバコを持って入ってくることは可能となる。また電子タバコと噛みタバコは対象に含まれない。

ハワイは以前から喫煙を制限する政策を推進してきた。2017年には米国で初めてタバコの購入可能年齢を21歳にした。ハワイを除く他の州では、18歳または19歳になるとタバコの購入が可能だ。

しかし、法案が実際に可決されるのかは未知数。BBCなどは法案の通過にタバコ会社の強い反発が伴うと予想している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る