米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米・ハワイ、超強力な禁煙法案が発議…100歳以下はタバコ購入禁止

米国のハワイ州が、100歳以下の人にタバコの販売を禁じる強力な禁煙法案を推進することが分かった。同法案は事実上、喫煙を禁止することになり、州議会で可決すれば、ハワイでタバコを買うことができなくなる。

海外メディアによると、民主党のリチャード・クリーガン下院議員は、2020年から2024年までタバコを購入できる年齢の制限を毎年引き上げる法案を発議した。

法案には、現在の喫煙可能年齢である21歳を2020年には30歳以上に引き上げ、その後は毎年40歳、50歳、60歳にする内容が盛り込まれている。最終的には喫煙可能年齢をさらに強化し、2024年には100歳以上だけにタバコの購入を可能にするようにしている。

同法案が可決されれば、法に定めた喫煙可能年齢以下の住民は州内でタバコを購入することができなくなる。ただ観光客はハワイ以外の地域でタバコを持って入ってくることは可能となる。また電子タバコと噛みタバコは対象に含まれない。

ハワイは以前から喫煙を制限する政策を推進してきた。2017年には米国で初めてタバコの購入可能年齢を21歳にした。ハワイを除く他の州では、18歳または19歳になるとタバコの購入が可能だ。

しかし、法案が実際に可決されるのかは未知数。BBCなどは法案の通過にタバコ会社の強い反発が伴うと予想している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る