Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に

Galaxy S10に「キーストア」を搭載した理由は?ブロックチェーンの強力な後ろ盾に

‐サムスン電子、ブロックチェーンサービス活性化の後ろ盾に

世界を驚かせたサムスン電子のフォルダブルスマートフォン「Galaxy S10」。ブロックチェーン基盤の分散型アプリケーション(dApp)の利用に必要となる”秘密鍵(プライベートキー)”を保管できる「キーストア」を搭載し関心を集めている。

サムスン電子は最近、「キーストアを搭載したのは、ブロックチェーンサービスの拡大を予測してのこと。サービスを利用する際に必要となる秘密鍵を安全に保管し、便利に活用できるようにするため」と説明した。

つまりGalaxy S10 ユーザーは、ブロックチェーン基盤のゲームやその他モバイル決済などのサービスを利用する際に別途ハードウェア(コールドウォレット)を用意せずとも、本人確認さえ済ませていればサービスが利用できる。世界最大手のスマートフォン企業が、ブロックチェーンサービス拡大の強力な後ろ盾となった形だ。

サムスンのキーストアは、自社のモバイルセキュリティソリューション「サムスンノックス(Knox)」で作動する。ブロックチェーン・仮想通貨業界の専門家らは、汎用性と保安性を兼ね備えた仮想通貨ベースのdAppを開発・大衆化させることができると見越している。

このようにスマートフォン上で秘密鍵の管理が可能になれば、個人間の仮想通貨取引をはじめスマートコントラクト(条件付き自動契約)締結の過程などがより簡便になるという。

仮想通貨ウォレット開発会社の関係者らは「サムスン電子がブロックチェーン基盤のdAppサービスをより身近なものとしてくれた。キーストアと関連ソリューションの開発業者が手を組めば、その分サービスの大衆化も早くなりdAppの生態系も活性化する」と期待を寄せる。

サムスン電子は最近、ブロックチェーンサービスを開発するスタートアップ企業との連携に力を入れているという。一角では、Galaxy S10の発売に合わせ一般向けのブロックチェーンサービスを発表するのではないかとも囁かれている。

翻訳者:M.I

【ビットコインの市況】
エンジンコイン(ENJ)、1ヶ月で約10倍も急上昇
バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に
ギャラクシーS10にビットコインはなかった?イーサリアムだけが確認
ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想
ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中
ビットコインの商用化…スタバが解決のカギ?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る