米SEC「ビットコインETF、投資家保護に不十分」

米SEC「ビットコインETF、投資家保護に不十分」

■「ビットコインETF、投資家保護に不十分」
米国証券取引委員会(SEC)がまだビットコインETFを信頼していないことがわかった。14日(現地時間)、コインテレグラフによると、SEC議長のジェイ・クレイトン氏はフォーブスとのインタビューで「ビットコインETFが相場操作など不公正な行為に備える投資家保護にまだ不十分な水準だ」とし「SECの規制を満足するビットコインETFの商品が出てくることを期待する」と述べた。クレイトン氏は12日(現地時間)にも、イーサリアムのような仮想通貨を有価証券として見なすことができないという公式立場を明らかにした。

■仮想通貨で販売される「ビール販売機」が登場
個人アイデンティティ認証基盤の仮想通貨シビック(CVC)が仮想通貨で決済する缶ビール自販機を披露した。14日(現地時間)、ビットコインエクスチェンジガイドによると、シビックはサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)会場にCVCコインで支払いする缶ビール自販機を設置した。訪問者がスマートフォンにシビックアプリをダウンロードすれば、200 CVCが与えられ、このCVCコインで自動販売機で缶ビールを購入することができる。シビック側は「初日に150缶のビールを販売した」とし「CVCの身元認証と決済機能を実生活に適用した事例」と説明した。

■「太陽光を活用すると、仮想通貨採掘コストが75%も削減」
14日(現地時間)、ビットコイニストによると、太陽光エネルギーを最大限に活用する場合、マイニングコストを最高75%まで削減することができる。再生可能エネルギーの使用に伴う電気料金の削減と各種の税金減免がつくため。記事では、エネルギー高消費業種である仮想通貨マイニング事業で太陽光パネルを活用した再生可能エネルギーの利用率を向上させる必要性があると伝えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…
  2. 米国債3ヶ月物の利回りが、10年物の利回りを上回った。これは世界金融危機直前の2007年以降12年振…
  3. 韓国株式市場が25日、世界的な景気鈍化への懸念で大幅下落でスタートした。…
  4. 韓国男性全体のイメージダウンへと繋がってしまったクラブ・バーニングサン事件。イ・ムンド代表はマスコミ…
  5. 仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出し…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る