「大田広域市東京通商事務所」、新事務所を東京・新宿区に開所

2019-1-31

「大田広域市東京通商事務所」、新事務所を東京・新宿区に開所

韓国・大田(テジョン)経済通商振興院の「大田広域市東京通商事務所」は30日、東京事務所の開所式を開いた。

大田経済通商振興院の李・チャング院長は、「東京新事務所の開所をきっかけにより体系的な日本市場への進出戦略を立て、積極的に支援事業を展開していきたい。まずは協力事業の発掘や現地協力ネットワークの強化などを通じて、大田広域市企業の現地進出支援と日韓両国の通商交流活性化に貢献したい」と抱負を語った。

大田経済通商振興院は日韓通商環境に効果的に対応するため、2009年に福岡に通商事務所を開所し、展示会、輸出商談会、投資誘致説明会、バイヤー発掘などの業務を推進してきた。しかし、効率的な企業支援活動のためには通商事務所の拠点を首都の東京に移転する必要があるとの企業関係者の意見が高まり、事務所移転を検討。昨年末に通商事務所の東京移転を確定した。

移轉先は、東京都新宿区四谷1丁目9番1号に所在する『有明家ビル』の 6階。大田広域市東京通商事務所は今後、大田広域市企業の現地進出支援強化や日韓両国の通商交流活性化などに力を入れ、地域内の中小企業の支援を積極的に行っていく計画だ。

韓国・大田(テジョン)経済通商振興院の「大田広域市東京通商事務所」は30日、東京事務所の開所式を開いた。所長は丁亨大(ジョン・ヒョンデ、右下から2番目)氏。

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る