サウンド革新企業「ソニックティア」の新社長にイ・ギュチャン氏

2019-5-27

サウンド革新企業「ソニックティア」の新社長にイ・ギュチャン氏

サウンド技術革新企業「ソニックティア」は27日、2019年度株主総会(2019.3.29)の結果に基づいて、ソニー・ピクチャーズ出身のイ・ギュチャン(左の写真)プロデューサーを新任代表取締役に選任したと発表した。

ワシントン大学で映画学を専攻したイ新任代表は、米ソニー・ピクチャーズ本社で長年にわたってハリウッド映画のマーケティングや配給を総括した。担当した主な作品には「メン・イン・ブラック」、「スパイダーマン」、「007カジノ・ロワイヤル」などがある。

また、世界的なブームとなった歌手PSYの「江南スタイル」の米国進出とグローバル戦略を担当するプロデューサーとしても活躍した。

イ新任代表は「海外で経験したコンテンツ制作と事業ノウハウを基に新たな音響市場を開拓したい。そのため、TVメーカーとの共同開発と文化技術(Culture Technology)を組み合わせたコンテンツ制作など、様々な新規事業を推進していく計画だ」と明らかにした。

ソニックティアは世界で初めて劇場用32チャンネルサウンドのプロセッシングシステムを開発した企業で、スクリーンスピーカーと関連する特許とサウンド圧縮コーデック技術を保有している。現在は、従来のLEDスクリーンの限界を超える、音が透過する透音性LEDなどサウンドとディスプレイを合わせた技術開発に推進している。

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »