サウンド革新企業「ソニックティア」の新社長にイ・ギュチャン氏

2019-5-27

サウンド革新企業「ソニックティア」の新社長にイ・ギュチャン氏

サウンド技術革新企業「ソニックティア」は27日、2019年度株主総会(2019.3.29)の結果に基づいて、ソニー・ピクチャーズ出身のイ・ギュチャン(左の写真)プロデューサーを新任代表取締役に選任したと発表した。

ワシントン大学で映画学を専攻したイ新任代表は、米ソニー・ピクチャーズ本社で長年にわたってハリウッド映画のマーケティングや配給を総括した。担当した主な作品には「メン・イン・ブラック」、「スパイダーマン」、「007カジノ・ロワイヤル」などがある。

また、世界的なブームとなった歌手PSYの「江南スタイル」の米国進出とグローバル戦略を担当するプロデューサーとしても活躍した。

イ新任代表は「海外で経験したコンテンツ制作と事業ノウハウを基に新たな音響市場を開拓したい。そのため、TVメーカーとの共同開発と文化技術(Culture Technology)を組み合わせたコンテンツ制作など、様々な新規事業を推進していく計画だ」と明らかにした。

ソニックティアは世界で初めて劇場用32チャンネルサウンドのプロセッシングシステムを開発した企業で、スクリーンスピーカーと関連する特許とサウンド圧縮コーデック技術を保有している。現在は、従来のLEDスクリーンの限界を超える、音が透過する透音性LEDなどサウンドとディスプレイを合わせた技術開発に推進している。

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »