今こそ知りたいインバウンド対策!「Korea Japan Inbound Partnering」が4月24日開催

2019-4-18

今こそ知りたいインバウンド対策!「Korea Japan Inbound Partnering」が4月24日開催

「観光先進国」を目指す日本。昨年は、全体で3,119万人。中国から838万人、韓国からは754万人が訪日しました。

インバウンドにどうアプローチするか。特に韓国人の特徴。インバウンドの国籍分析・行動可視化、WeChatPayと提携した決済ソリューション、キャッシュレス決済の課題などを解説します。

■プログラム
16:00~ 訪日韓国人旅行者にどうアプローチするか。 最新のトレンドとは?
ワイダープラネット 代表取締役社長 鳥井武志氏
・訪日韓国人市場
・韓国でのデジタルマーケティング方法
・訪日韓国人へのプロモーション
・ワイダープラネットについて     

16:30~ センサーを設置するだけで、顧客・インバウンド分析「ウォークインサイト」
ウォークインサイト 事業開発マネージャー 斎藤育門氏
・インバウンド観光客数の推移
・サービス対象領域と代表的なツール
・データ分析手法
・事例紹介     

17:00~ キャッシュレス先進国の韓国人旅行客のカード決済の特徴と日本での課題
KONA International カントリーマネージャー 笹井幸一郎氏
・韓国の決済市場動向
・国際ブランドのカードの技術的特徴
・日本の利用店舗で想定される課題
・KONA Iの韓国・日本での取組     

17:30~ WeChatPayと提携、訪日観光客向け、モバイルマーケティングの紹介
ワンツーシーエムジャパン 取締役 金庚沢氏
・効率的なインバウンドマーケティングとは
・サービスモデルと構造
・Wechat WiFiの紹介
・バウチャー、クーポン配布の効果
・インバウンド向け、テーブルオーダーサービス     

18:00~18:30
名刺交換会

■発表韓国企業
● 株式会社ワイダープラネット  http://www.widerplanet.com/
ユーザーの関心に合わせた広告を、最適なタイミングで配信する広告プラットフォームを提供。独自のデータ分析技術とアルゴリズムで、顧客の拡大と既存顧客へのリーチが可能。

● 株式会社ウォークインサイト  https://walkinsights.jp/
センサーを設置するだけで、お店や街の人々の行動を把握することが可能な分析サービスを提供。簡単にデータが確認できるダッシュボードと、より深い分析が可能な分析レポートはマーケティングに便利。

● KONA International Co., Ltd,  https://www.konai.com/
金融、政府、モバイル向けの接触・非接触ICカード、SIMカードなどのカードの製造販売。また最近では指紋センサー搭載カード、金属カード、およびプリペイドカードシステムの開発・運用。

● 株式会社ワンツーシーエムジャパン  http://www.12cm.co.kr/
SKTとテンセントが運営するWeChatと提携。平昌オリンピックでサムスンやKTと契約し、スタンプサービスを提供。また、FacebookなどSNSを利用したマーケティングサービスを提供

■ 日時
2019年4月24日 16:00~18:00 (15:45から受付開始)

■ 場所
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル5階 KOTRA 会議室 SHIKI

■ 主催
大韓貿易投資振興公社(KOTRA) 東京IT支援センター

お問合せ先:
KOTRA 東京IT支援センター
事務局 03-5501-2847

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »