佐賀県神埼市で「王仁博士顕彰公園」が開園

2018-8-10

佐賀県神埼市で「王仁博士顕彰公園」が開園

8月5日、 佐賀県・神埼市は王仁博士顕彰公園を完工し、開園式を行った。

神埼市には日本に初めて漢字の手本を伝えた百済人、王仁博士の王仁天満宮がある。
開園式に続き百済門扁額除幕、王仁博士仮装行列、千字文・論語贈呈などの順序で進行された開園式の行事には、神埼市松本茂幸市長を始めとする山口知事、 副島副知事、今村衆議員、山下参議員、イ・ヨンジョ総領事、チョン・ドンピョン霊岩郡守、チョ・ジョンギ霊岩郡議会議長、チョン・ソクホン王仁博士顕彰協会会長、そして姜星財王仁博士広報大使等と、霊岩郡側の祝賀使節団や内外からの来賓、住民1,000名余りが参席した中で盛大に開催された。

弥生時代の古代遺跡地である吉野ヶ里と共に新たな観光地として知られ、地域経済の活性化を図るべく2014年から敷地の買収、および設計をはじめに17年度5月に着工、そして今回完工し、開園に至った。

王仁博士顕彰公園に建設された公園の代表的な造形物である「百済門」は、韓国・全羅南道霊岩郡の王仁博士遺跡地内にある百済門と同一の規模、様式で霊岩郡側が支援制作した。また、王仁博士顕彰公園の敷地内に造られた千字文の記念碑は韓国と日本の1,000名余りに揮毫を依頼し、その千字文の揮毫でモニュメントを制作した。佐賀県は朝鮮から渡った陶工の李参平が1616年に有田の泉山で陶石を発見し、日本で初めての陶磁器を誕生させたとされる「陶磁器の生みの親」である。

霊岩郡と神埼市は2008年から王仁博士を媒介として霊岩王仁文化祭りに同参しながら毎年神埼市と様々な交流を行ってきた。
また大阪では1,600年ほど前の王仁博士の功績を称えるために1938年に伝王仁墓を史跡に指定し、1984年から毎年11月3日に博士王仁まつりを開いている。

取材/朴哲編集局長

 

 

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »