日本のエナジーテックを牽引するITベンチャー企業「パネイル」注目

2019-12-16

~持続可能なエネルギーインフラとしての「Panair Cloud」構築を目指す~

株式会社パネイル(corp.panair.jp)は、創業8年目のITベンチャー企業である。「世界中のエネルギー企業に最先端のエナジーテックを」というコーポレートミッションのもと、独自開発した「Panair Cloud(パネイルクラウド)」というシステムで、電力業界のIT化に挑戦してきた会社だ。同社が本格的に頭角を現したのは、2016年4月、電力小売が全面自由化された時期である。

パネイルの創業者は、代表取締役社長の名越達彦(38)と取締役副社長のKim Hyoyun(キム・ヒョヨン、37)だ。両者ともに、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)出身。IT業界ならではの発想を電力業界に提案し、世の中を驚愕させたのだった。

「パネイルクラウド」を通じて、電力とインターネットを日本で初めて繋げてみせたのである。

だが、当初はこの「パネイルクラウド」に、誰も見向きもしなかった。理由はひとつだ。電力の供給実績がないことである。この同じ断り文句を100回近くも聞いたある日、名越は、はたと思った。「そうだ、実績がないのであれば自ら作ろう」と。この発想の転換がすなわち、パネイルの転換期だった。全国に7箇所の子会社を設立し、電力小売の実績を急成長で作り上げ、2018年には、全国でベスト10入りを果たした。

実績を評価され、2018年4月には、東京電力エナジーパートナー株式会社と「株式会社PinT」(https://pintinc.jp)を、同年11月には、丸紅新電力株式会社と「丸紅ソーラートレーディング株式会社」(https://marubeni-st.co.jp)を設立。いずれも互いの資本を入れた合弁会社である。PinTは、「Panair Cloud for PinT」をベースに不動産業界及びLPガス業界と共に新サービスを開発し、初年度から黒字化に成功し、丸紅ソーラートレーディングは、「MSTC Cloud」によって、激戦の卒FIT市場において、多様なサービスを顧客に提供できる基盤を実現できる体制を整え、2019年11月よりサービスの提供を開始している。いずれのサービスにも、パネイルクラウドの技術が不可欠であることはもちろん、プラットフォームとしての拡張可能性が注目されている。

「パネイルクラウド」によって、エネルギービジネスに取り組む企業をサポートしているのがパネイルである。具体的な事例としては、先に挙げた2社のJV「PinT」「丸紅ソーラートレーディング」が挙げられる。パートナー企業と資本提携を行い、ゼロから事業を立ち上げ、育成していくというモデルだ。パネイルはこれを「ゼロ100事業」と呼んでいる。

「ゼロ100事業」というネーミングに込められた意味は2点ある。1点目は「ゼロから立ち上げた事業を100億円規模にまで育成しようという覚悟」、2点目は「ゼロを1にするという事業立ち上げのみならず、その事業が社会を変える100の段階に至るまで伴走し続ける決意」だ。「ゼロが100になる」というゴールは、未常識が常識になる一つの目安であると考えているというわけだ。

パネイルクラウド最大の武器は、その開発の柔軟性かつスピード感である。電力小売事業モデルで完成しているベースからのカスタマイズはもちろん、蓄積しているデータやナレッジを応用しての、新規サービスに対応するシステム構築も可能である。

ゼロを1にするだけではなく、100にこだわるのはなぜか。それは、パネイルこそが、名越にとって最初の「ゼロ100事業」であったからではないだろうか。2人で始めた会社のビジョンに賛同した人々が集まり、今や80人規模になった。従業員というビジネスパートナーと共に、パネイルはIPOを目指しつつ、豊かで持続可能なエネルギーインフラの構築に取り組んでいる。自らのビジョン「未常識を、常識に」をどこまで実現できるか。今後も目が離せない。

【受賞歴】
2017.11 蔵前ベンチャー賞 受賞
2017.11 『Forbes JAPAN』「日本の起業家ランキング2018」7位に代表名越が選出
2018.6  経済産業省「J-Startup」プログラムの特待生に選出
2018.11 『Forbes JAPAN』「日本の起業家ランキング2019」6位に代表名越が選出https://forbesjapan.com/articles/detail/25049
2018.12 EOY 2018 Japan 審査委員特別賞 受賞
2018.12 『日本経済新聞』 掲載 「NEXTユニコーン調査」2位に選出
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/next-unicorn/#/dataset/2019/list?about=true
2018.12 東工大発ベンチャー 称号授与
2019.4 Pitch to the Minister 懇談会“HIRAI Pitch”に招へい

代表取締役社長 名越 達彦
東京工業大学工学部 開発システム工学科卒。
在学中、人力飛行機の設計に従事し、鳥人間コンテスト人力プロペラ機部門に出場、技術統括としてチーム初の優勝に貢献。
株式会社ディー・エヌ・エーにおいて、営業、人事、マーケティング、エンジニアリング、など幅広い業務に従事。その後、IT企業の事業開発室長として全社新規事業を統括、同社の新規売上基盤の構築に従事。
2012年12月 株式会社パネイル創業、代表取締役社長CEO

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る