注目の本「近代朝鮮の中等教育」…日韓の現代にも通じる学歴問題の根源を探る

2019-2-26

注目の本「近代朝鮮の中等教育」…日韓の現代にも通じる学歴問題の根源を探る

今年は3.1運動100年を迎え、韓国では様々な行事が企画されている。日本の植民地支配からの独立を目指した3.1運動の背景には、実は教育政策への不満も含まれていた。韓国の独立を目指す一方で、学歴を形成し社会で栄達することはステータスとなり、植民地化とほぼ同時期に訪れた近代は、韓国社会に大きな変化をもたらした。

在日韓国人3世の著者は、「これまでの研究ではミッションスクールや学生運動の部分だけがクローズアップされてきたが、植民地という特殊な社会状況の中で、社会と学生との関係、進路をめぐる葛藤など、当時を生きた人々の‟生”に着目した」とし、「1920~30年代に設立された韓国の中等教育機関は、現在では韓国各地の名門高校に再編されている。これは日本とも似ている現象で、現在日韓が共通して抱える入試競争・学歴問題にもつながっている」と語った。

韓国の近代史だけではなく、東アジアの教育史、そして現在の教育問題の根源を探る力作だ。

 

【著書名】
近代朝鮮の中等教育―1920~30年代の高等普通学校・女子高等普通学校を中心に―
【著者】
崔誠姫(一橋大学大学院社会学研究科特別研究員)

ピックアップ記事

  1. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  2. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  3. 中国湖北省武漢市で勤務して帰国した韓国人男性(55才)から新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたと…
  4. 米電気自動車メーカー「テスラ」が22日(現地時間)、時価総額1000億ドルを突破した。海外メディアに…
  5. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る