注目の本「近代朝鮮の中等教育」…日韓の現代にも通じる学歴問題の根源を探る

2019-2-26

注目の本「近代朝鮮の中等教育」…日韓の現代にも通じる学歴問題の根源を探る

今年は3.1運動100年を迎え、韓国では様々な行事が企画されている。日本の植民地支配からの独立を目指した3.1運動の背景には、実は教育政策への不満も含まれていた。韓国の独立を目指す一方で、学歴を形成し社会で栄達することはステータスとなり、植民地化とほぼ同時期に訪れた近代は、韓国社会に大きな変化をもたらした。

在日韓国人3世の著者は、「これまでの研究ではミッションスクールや学生運動の部分だけがクローズアップされてきたが、植民地という特殊な社会状況の中で、社会と学生との関係、進路をめぐる葛藤など、当時を生きた人々の‟生”に着目した」とし、「1920~30年代に設立された韓国の中等教育機関は、現在では韓国各地の名門高校に再編されている。これは日本とも似ている現象で、現在日韓が共通して抱える入試競争・学歴問題にもつながっている」と語った。

韓国の近代史だけではなく、東アジアの教育史、そして現在の教育問題の根源を探る力作だ。

 

【著書名】
近代朝鮮の中等教育―1920~30年代の高等普通学校・女子高等普通学校を中心に―
【著者】
崔誠姫(一橋大学大学院社会学研究科特別研究員)

ピックアップ記事

  1. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…
  2. 米国債3ヶ月物の利回りが、10年物の利回りを上回った。これは世界金融危機直前の2007年以降12年振…
  3. 韓国株式市場が25日、世界的な景気鈍化への懸念で大幅下落でスタートした。…
  4. 韓国男性全体のイメージダウンへと繋がってしまったクラブ・バーニングサン事件。イ・ムンド代表はマスコミ…
  5. 仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出し…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る