海外送金、ネットで簡単に安く送る時代

2019-4-19

海外送金、ネットで簡単に安く送る時代

最近、スマートフォンを使って簡単に海外送金できるアプリが登場し、外国人労働者や日本人に人気を集めている。使い方は簡単だ。アプリをダウンロードし、ネットでの本人確認手続きを済ませた後、送金先などを入力してから指定口座に送金資金を振り込めば、窓口に行かず海外送金ができる。

スマートフォンを使って海外に送金できるアプリケーションを開発したのは、『ワールドファミリー海外送金』だ。『ワールドファミリー海外送金』は銀行を経由せずに海外の会社とネットワークを利用しているため、送金にかかる時間が短い。韓国やインドネシア、ベトナムへの送金は1時間以内に着金、中国は午前中に送金依頼をすれば、その日に着金できる。

驚くほど安い手数料
送金手数料も驚くほど安い。中国やベトナム、ネパール、バングラデシュへの送金は、金額に関係なく1件あたり500円。既存銀行の海外送金サービス手数料と為替差益が送金額の約8%に比べて、『ワールドファミリー海外送金』は1%未満だ。

「外国人労働者の貴重なお金をより安全に家族に送る」というモットーをもとに設立された『ワールドファミリー海外送金』の代表 李承珉(イ・スンミン)氏は、大学在学中にアルバイトで稼いだ小額のお金を韓国の両親に送金した際に、既存の銀行の高い送金手数料について疑問を持っていた。

「『ワールドファミリー海外送金』は、世界各地のマネートランスポーターとFinTechテクノロジを使いネットワークを構築しています。銀行のような仲介銀行や物理的な店舗が必要ないため、送金の費用は非常に安くなります。いつか海外送金も、国内に送金と同じようになるでしょう」と同氏はいう。

『ワールドファミリー海外送金』は財務省による厳格な審査を経て2017年資金移動業者として登録、2017年9月よりサービスを開始した。現在、全国約60社が資金移動業者として財務省に登録されている。

 

『ワールドファミリー海外送金』
https://www.worldfamilyremit.com/   

 

ピックアップ記事

  1. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  2. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナ…
  4. 三日間20%以上下落したビットコインが上昇に転じ、再び8000ドル台を回復した。…
  5. 韓国アイドルグループの影響により、いわゆる“女々しい”男性が増えていることへの反発で、中国では「男子…

おすすめ記事

  1. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  2. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  3. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  4. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…
  5. 2019-4-28

    フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか

    「発行はされるようです。あとは時期の問題ではないでしょうか?また、フェイスブックがブロックチェーン技…

アーカイブ

ページ上部へ戻る