海外送金、ネットで簡単に安く送る時代

2019-4-19

海外送金、ネットで簡単に安く送る時代

最近、スマートフォンを使って簡単に海外送金できるアプリが登場し、外国人労働者や日本人に人気を集めている。使い方は簡単だ。アプリをダウンロードし、ネットでの本人確認手続きを済ませた後、送金先などを入力してから指定口座に送金資金を振り込めば、窓口に行かず海外送金ができる。

スマートフォンを使って海外に送金できるアプリケーションを開発したのは、『ワールドファミリー海外送金』だ。『ワールドファミリー海外送金』は銀行を経由せずに海外の会社とネットワークを利用しているため、送金にかかる時間が短い。韓国やインドネシア、ベトナムへの送金は1時間以内に着金、中国は午前中に送金依頼をすれば、その日に着金できる。

驚くほど安い手数料
送金手数料も驚くほど安い。中国やベトナム、ネパール、バングラデシュへの送金は、金額に関係なく1件あたり500円。既存銀行の海外送金サービス手数料と為替差益が送金額の約8%に比べて、『ワールドファミリー海外送金』は1%未満だ。

「外国人労働者の貴重なお金をより安全に家族に送る」というモットーをもとに設立された『ワールドファミリー海外送金』の代表 李承珉(イ・スンミン)氏は、大学在学中にアルバイトで稼いだ小額のお金を韓国の両親に送金した際に、既存の銀行の高い送金手数料について疑問を持っていた。

「『ワールドファミリー海外送金』は、世界各地のマネートランスポーターとFinTechテクノロジを使いネットワークを構築しています。銀行のような仲介銀行や物理的な店舗が必要ないため、送金の費用は非常に安くなります。いつか海外送金も、国内に送金と同じようになるでしょう」と同氏はいう。

『ワールドファミリー海外送金』は財務省による厳格な審査を経て2017年資金移動業者として登録、2017年9月よりサービスを開始した。現在、全国約60社が資金移動業者として財務省に登録されている。

 

『ワールドファミリー海外送金』
https://www.worldfamilyremit.com/   

 

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る