韓国民俗芸能の歴史と精神「サムルノリ」、11組のダンサー・振付家の公演が東京で17日より披露

2019-7-8

韓国民俗芸能の歴史と精神「サムルノリ」、11組のダンサー・振付家の公演が東京で17日より披露

1978年、韓国における民俗芸能の伝統を「創造的に継承」するため、その音楽を現代的に創り直すことで立ち上げられた演奏形式/集団「サムルノリ」。当企画において課題曲となる「三道農楽カラク」は、その初期レパートリーを再構成した代表的な作品。歴史にどのように対峙して現代を生きるのか、この楽曲に11組のダンサー/振付家がそれぞれの解釈・切り口で挑戦。姉妹企画のコンペ「新人シリーズ17」の受賞2作品再演がこれに加わり、期間中全13作品を上演。

2019年 7月17日 (水)~7月30日 (火)
会場: d-倉庫
開演: 7:30 PM
※7月28日は3:00開演
※受付開始は開演60分前、客席開場は30分前
※ご予約のお客様でも開演時間に遅れますとお席へのご案内が出来ない場合がございます。

7月17日 (水)Von・noズ/茎
7月18日 (木)山田せつ子
7月19日 (金)岩渕貞太
7月21日 (日)川村美紀子
7月22日 (月)笠井瑞丈×上村なおか
7月23日 (火)水中めがね∞
7月24日 (水)今枝星菜
7月26日 (金)Jung In Lee/梁鐘譽 ※ダブルビル公演
7月27日 (土)、7月28日 (日)
 ケイタケイ’s ムービングアース・オリエントスフィア
7月29日 (月)柴田恵美
7月30日 (火)岩名雅記

※17日は「新人シリーズ17」の受賞作品再演。
「三道農楽カラク」の上演ではありません

詳しくは http://www.d-1986.com/d21/ 

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »