ChronoCoinがシンガポールの仮想通貨取引所であるCoinBeneにて、2019年3月19日12時よりIEOを開始 ~”時間“を”価値“に変える革命的なチカラがついに世界へ~

2019-3-19

ChronoCoinがシンガポールの仮想通貨取引所であるCoinBeneにて、2019年3月19日12時よりIEOを開始 ~”時間“を”価値“に変える革命的なチカラがついに世界へ~

Time Innovation Pte.Ltd.(本社:シンガポール 代表取締役CEO:佐和田悠葵)が開発・運営する暗号通貨「ChronoCoin(クロノコイン)」は、コインマーケットキャップ社にお
ける暗号通貨取引所世界ランキング4位(日本のランキング第1位はbitFlyer(ビットフライヤー)の65位/2月27日調べ)を誇るCoinBene(本社:シンガポール)で2019年3月19日12時よりIEOを開始することを発表した。

IEOとは・・・・・・
Initial Exchange Offeringの略称。トークンの販売・配布を、プロジェクトが特定の取引
所に委託して行う資金調達のことを指し、IEOが始まると投資家は取引所からトークンを
直接購入することが可能となる。
CoinBene公式サイト: https://www.coinbene.com/

Time Innovationについて・・・・・・
『世界中に存在する時間を共通の通貨に変える』という【時間革命】をコンセプトに事業をスタートさせたTime Innovationは、飲食店で過ごす時間やショッピングモールなどの商業施設で過ごす滞在時間等を『ポイント』として可視化するサービスを展開。世界中で様々な企業との事業提携の話が進められ、暗号通貨業界で現在最も注目されている。

Time Innovationが発行する暗号通貨、ChronoCoinが世界有数の暗号通貨取引所にてIEOを実施する事で一般投資家もChronoCoinを保有することが可能となり、ChronoCoinが争奪戦になることは必至。保有者が増加する事で益々私たちにとって身近なモノになることであろう。

■Time Innovation Pte.Ltd.について
【シンガポール法人】
商号: タイムイノベーション株式会社 シンガポール法人
Time Innovation Pte. Ltd.
設立: 2018年7月
従業員数: 52名 ※役員も含む
住所: 6 Eu Tong Sen Street, #11-20, The Central, Shingapore
事業内容: ChronoCoin (クロノコイン)の発行、アプリケーション・ブロックチェーンの開発
役員: CEO 佐和田 悠葵

【カンボジア法人】
商号: タイムイノベーション株式会社 カンボジア法人
Time Innovation Co.,Ltd.
設立: 2018年6月
住所: No: #55,Street456,Sangkat Toul Tumpuong 1,Khan Chamkaemom, phnompenh.
事業内容: ICO販売に関する業務

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る