タグ:アマゾン

  • 米アマゾン、流通市場での独占加速

    新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行を契機に、電子商取引企業の米アマゾンが流通業界でさらに独歩的な地位を持つようになると予想される。
  • 米株、連日最高値更新…アマゾン効果でナスダックは初の9000台に

    米ニューヨーク証券取引所のナスダック指数が26日(現地時間)、史上初めて9000台を超えた。1971年に発足した情報技術(IT)株中心のナスダック総合指数は昨年8月に8000台を突破。9000台までわずか16ヶ月がかかったことになる。
  • 米ニューヨーク住宅価格が1年間で15%下落… アマゾン第2本社断念の影響

    アマゾンの第2本社「HQ2」の建設地に指定されたが、一部の住民や政治家の反対で白紙に終わったニューヨーク。その影響で住宅価格が大幅に下落したことが分かった。
  • グーグル、来年に銀行口座サービス開始…金融に進出

    ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始する予定だ。グーグルは既存の銀行と争うより口座サービスを介してより多くのデータを集め、グーグルだけの生態系(エコシステム)を構築することに注力するとみられる。
  • Amazon、「仮想通貨は投機資産…事業計画はない」

    アマゾン(Amazon)の副社長がフェイスブックの仮想通貨「リブラ(Libra)」のような独自の仮想通貨発行計画がないと明らかにした。
  • アマゾンのベゾス氏、史上最大の離婚…元妻は「4兆円」の資産家に

    今年1月に離婚を宣言したアマゾンの最高経営責任者(CEO)ジェフ・ベゾス氏(54)と妻のマッケンジー・ベゾス氏(48)の離婚調停が成立。ベゾス氏は史上最大の財産分与となる4兆円規模の持ち株をマッケンジー氏に譲ることになった。
  • アマゾン、ニューヨーク第2本社計画を諦める

    世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を断念すると発表した。ニューヨーク市がアマゾン誘致のために提供する税優遇処置に反対する一部の地域政治家の激しい反発が背景となっている。
  • アマゾン…「コピー商品」問題に憂慮明かす

    世界最大の電子商取引企業アマゾンが、模造品すなわち「コピー商品」の存在を初めて業績報告書で取り上げた。アマゾンがコピー商品問題を年次業績報告書を通じて投資家らに伝えたのは初めて。報告書は「コピー商品をアマゾンの危険要素」とし、「第三者の販売を通じて流通している製品の中の模造品や偽の商品はアマゾンにとっても危険要素になる可能性がある」と分析している。

ピックアップ記事

  1. ビットコイン(BTC)を決済手段として受け入れ、世界的な関心を集めた米電気自動車メーカーのテスラが…
  2. 米国のジョー・バイデン政権が対北政策の検討結果を説明するため数回に渡り接触を提議した結果、北朝鮮が…
  3. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »