タグ:グーグル

  • Googleの時価総額が「1兆ドル」突破…米企業中4社目

    Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突破した。
  • グーグル創業者2人、創立21年に経営の一線から退く

    グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジCEOとサーゲイ・ブリン社長が経営の一線から退く。1998年に同社を立ち上げ、21年間にわたって時価総額9000億ドル規模のグループに成長させた両氏の決断に注目が集まっている。
  • グーグル、来年に銀行口座サービス開始…金融に進出

    ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始する予定だ。グーグルは既存の銀行と争うより口座サービスを介してより多くのデータを集め、グーグルだけの生態系(エコシステム)を構築することに注力するとみられる。
  • GoogleとAppleの熾烈な競争、「5G ゲームコンテンツはキャッシュカウ」

    GoogleとAppleが第5世代移動通信システム(5G)の商用化を控え、新しいゲームプラットフォームの開発を宣言した。プラットフォームの方向性は異なるが、新しい利益の創出という目的は二社とも共通。5G 時代のコンテンツとしてゲームが急浮上しているなか、GoogleとAppleの主導権争いがゲーム業界にどのような影響を及ぼすのか注目だ。
  • グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップルのゲーム・プラットフォームは方向性こそ違うものの、目標は「新たな収益源の創出」で一致している。5Gのコンテンツとしてゲームが急浮上する中、グーグルとアップルによるゲームの主導権争いが激しくなる事で、ゲーム業界にどの様な影響をもたらすのか注目される。

ピックアップ記事

  1. ‐1人あたり平均27.50ドル購入‐ゲーム機・厨房器具・掃除機などが人気‐コロナの影響で売場訪問急…
  2. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:チェチャンフン)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、11…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »