タグ:ステーブルコイン

  • 中国「デジタル人民元」発行秒読み…グローバル金融の覇権狙いか

    中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らはアリババやテンセントなどの世界的なフィンテック企業を育成して来た「フィンテック育成5ヶ年計画」の締め括りとなる2020年を前に、今度は中国がデジタル通貨とブロックチェーン技術で更なるクォンタムジャンプ(大跳躍)の足場を固めていると分析している。
  • 米連銀の報告書「ステーブルコインは世界金融市場に打撃」

    米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した。15日(現地時間)、コインデスクによると、FRBは財政安定報告書を通じて「ステーブルコインの発行や運用への不信、法的規制の不備などにより、大規模な支払い不能の事態が発生することができる」とし「投資家の特別の注意が要求される」と述べた。
  • 「仮想通貨の未来はステーブルコイン」

    次世代仮想通貨の核心は、ステーブルコインになるという見通しが出た。スイスのビットコイン協会創設者であるルジウス・マイザー理事は、仮想通貨会議で「支払手段としての仮想通貨とユーティリティトークンの時代は暮れている」とし「安定した通貨システムであるステーブルコインがこれからの仮想通貨市場の主流になるだろう」と予想した。

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. -8月に運航を中断してから3ヶ月ぶり、11月21日より週1便運航-日程変更手数料1回免除、受託手荷…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »