タグ:ステーブルコイン

  • 中国「デジタル人民元」発行秒読み…グローバル金融の覇権狙いか

    中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らはアリババやテンセントなどの世界的なフィンテック企業を育成して来た「フィンテック育成5ヶ年計画」の締め括りとなる2020年を前に、今度は中国がデジタル通貨とブロックチェーン技術で更なるクォンタムジャンプ(大跳躍)の足場を固めていると分析している。
  • 米連銀の報告書「ステーブルコインは世界金融市場に打撃」

    米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した。15日(現地時間)、コインデスクによると、FRBは財政安定報告書を通じて「ステーブルコインの発行や運用への不信、法的規制の不備などにより、大規模な支払い不能の事態が発生することができる」とし「投資家の特別の注意が要求される」と述べた。
  • 「仮想通貨の未来はステーブルコイン」

    次世代仮想通貨の核心は、ステーブルコインになるという見通しが出た。スイスのビットコイン協会創設者であるルジウス・マイザー理事は、仮想通貨会議で「支払手段としての仮想通貨とユーティリティトークンの時代は暮れている」とし「安定した通貨システムであるステーブルコインがこれからの仮想通貨市場の主流になるだろう」と予想した。

ピックアップ記事

  1. 写真は鄭義溶外交部長官 ―茂木外相―鄭義溶長官が英国ロンドンで初会談―韓「福島第一原発処理水の放出…
  2. ―米・中・印の3ヶ国に58%集中 全世界でコロナワクチンの接種が10億人を突破したものの、1日の新…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »