タグ:ハッキング

  • イーサ流出事件の「アップビット」、サービス正規化が遅れる理由は?

    先月27日に約56億円規模のイーサリアムを奪取された韓国の仮想通貨取引所アップビットのサービス正常化が遅れている。事件発生後、すべての仮想通貨の入出金を中断したアップビットは現在、ビットコインの入出金のみ再開した状況。
  • UPbitの仮想通貨流出事件…ハッキング?内部犯罪?結論出ず

    先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1万件以上の仮想通貨ウォレットに移されている。業界の専門家らは「流出した資金が数多くの仮想通貨取引所やウォレットを通じて少量に分けられて分散する様子は典型的な資金洗浄初期の手法」だとの見解だ。
  • UPbit、入出金サービス再開…ハッキングから1週間ぶり

    韓国の仮想通貨取引所UPbit(アップビット)がビットコインの入出金サービスを再開した。先月27日に約56億円規模のイーサリアムがハッキング攻撃で流出される事故に遭ったアップビット。当初は入出金サービスの再開まで約2週…
  • 仮想通貨すり替える悪性コードがトレントファイルで発見

    世界最大のトレントファイル共有サイトであるパイレート・ベイ(The Pirate Bay)からのファイルで仮想通貨を奪取する悪性コード(マルウェアが)が発見されたとCCNが17日(現地時間)に報じた。

ピックアップ記事

  1. ‐1人あたり平均27.50ドル購入‐ゲーム機・厨房器具・掃除機などが人気‐コロナの影響で売場訪問急…
  2. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:チェチャンフン)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、11…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »