タグ:ファーウェイ

  • Huawei社、米制裁にも売上高23%増

    中国通信機器大手Huaweiの売上が米国の制裁にも前年同期比23%も増加したことがわかった。
  • ファーウェイ創業者、「米と長期戦準備…私達が勝つ」

    今年になって中国ファーウェイの代弁人の役割を務め、声を上げて来たファーウェイ創業者の任正非CEOが、米国の制裁に対して長期的に対抗して行く事を明らかにした。同氏は、米国の制裁によりファーウェイの存在が揺れ動いている事を認めながらも、自社独自の技術の確保を通じて米国と最後まで戦うと宣言した。
  • ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされている。交渉の余地を残すため、慎重論を堅持して来た中国内では、米国の交渉姿勢を公に非難し、貿易交渉を拒否する可能性も示唆され始めている。
  • 「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」と、「一帯一路(陸海上シルクロード構想)不参加」という、2つの反中国の基調が揺れ動いている。国家安全保障と外交的な駆け引きという名分よりも、経済的な実利を取り、反中国グループから離脱しようとする国家が増えている状況だ。
  • 世界スマートフォン出荷台数が初めて減少

    世界スマートフォンの年間出荷量が初めて減少したことが分かった。サムスン電子は18年の世界スマートフォン市場シェア1位を維持したものの、シェア率は前年より減少した。
  • 中国、米国のファーウェイ起訴に強く反発…米中貿易交渉に悪影響か

    米中貿易戦争の行方を決める両国間の貿易交渉を控え、米国が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)を電撃的に起訴した。これを受け、中国は「政治的な意図がある」として、強く反発している。

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. -8月に運航を中断してから3ヶ月ぶり、11月21日より週1便運航-日程変更手数料1回免除、受託手荷…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »