タグ:太永浩

  • 北朝鮮、金正恩氏を国家元首に推戴する可能性浮上

    2016年に脱北した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英公使は、北朝鮮の金正恩国務委員長の名前が最高人民会議の代議員選挙の当選者リストに記載されていないことについて、「金正恩氏を新しい職位に推戴するため」と主張した。

ピックアップ記事

  1. ―英国コーンウォールG7首脳会議…日韓首脳初対面―文大統領から近寄り挨拶…積極的対話のジェスチャー…
  2. 米国政府が北朝鮮に加える制裁について、北朝鮮指導部が不法な核とミサイル技術を拡散し、国際安全保障を…
  3. ワクチン接種を済ませても、100%新型コロナウイルスに対して安全ではない。ワクチン接種が完了した後…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  2. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  3. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  4. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
ページ上部へ戻る
Translate »