タグ:近接飛行

  • 日韓摩擦、米国が仲裁に?…3者間協議可能性が浮上

    レーダー照射と近接飛行の問題で対立する日韓の葛藤がさらに深まる中、これまで介入せず中立的立場を貫いてきた米国が、日韓関係の改善のために仲裁に入る動きを見せている。日韓の衝突が北東アジアの安全保障情勢に悪影響を与える場合、米国にも決して有利ではないと判断したようだ。
  • こじれる日韓関係…安保交流全面中止の危機

    日韓関係が日増しに複雑になっている。先日両国外相が会談し、問題解決に向けた論議を経て、一旦は落ち着きを見せたものの、日本の哨戒機が再び韓国艦隊の周囲を低空飛行したと韓国側が主張し、摩擦が大きくなっている。これ以降、両国の国防トップが自国の軍事基地を訪問して隊員を督励するなど、事態は神経戦の様相を呈しており、このままでは関係回復のタイミングすら逃してしまうとの憂慮の声が高まっている。
  • レーダー照射VS近接飛行…冷静な対応求める韓国専門家ら

    悪化の一途をたどる日韓関係を憂慮する声が高まっている。レーダー照射問題と近接威嚇飛行を巡る日韓の対立がだんだんとエスカレートし、関係改善は期待できない状況にまで発展しているからだ。韓国の専門家らは、韓国政府が日本の意図を把握し冷静に対応しなければならないと指摘している。また、両国が向かい合って問題を解決する必要があるという意見もある。
  • 韓国、近接飛行の映像公開を検討

    韓国軍当局が、自衛隊哨戒機の近接威嚇飛行を証明する映像の公開を検討していることが分かった。韓国メディアが24日、報じた。

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »