タグ:香港デモ

  • 撃たれた香港青年、「銃弾で人を殺しても信念は殺せない」

    デモ参加の際に香港警官の発砲に重傷を負った青年が「銃弾で人の命を奪うことはできるが、信念を殺すことはできない」と伝えた。
  • 香港警察トップに「強硬派」任命… 鎮圧を加速するか

    香港デモ隊の最後の砦とされる香港理工大学に警察が突入したことをきっかけに、香港警察の鎮圧水位がさらに高まる見通しだ。
  • 香港の街に現れた人民軍…米は中国介入に警告

    香港に駐留している中国人民解放軍(PLA)が香港の街に現れた。デモで汚くなった道路などを掃除するためだが、軍介入が取り沙汰されている中での動きのため、世間の注目を集めている。一方、米国は中国が軍による鎮圧に出た場合、積極的に介入することを示唆した。
  • 統制不能の香港…中国メディアは「時が来た」

    香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が激化し負傷者が続出するなか、続いている交通網の麻痺、外国人留学生の香港脱出など、香港全体がパニック状態だ。
  • 習近平主席、「香港暴力終息」を言及…最後通告か

    中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題と関連して言及したのはここ10日間で2度目。専門家らからは香港デモを制圧するための中国軍投入時点が迫っているという観測が出ている。
  • 香港デモ参加者、警官実弾発砲で重体…市民ら「人殺し」と猛非難

    香港デモ参加者が11日午前、警官が撃った実弾に当たり重体の状態だとの報道が出た。香港サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)など現地メディアは、同日午前に香港島東側の地域で警官がデモ隊に向かって実弾を発砲し、デモ参加者の一人が負傷を負ったと報じた。
  • 揺れ動く香港…アジア金融ハブの地位失うか

    1週間の間、香港を混沌の坩堝に陥れた「逃亡犯条例」の改正案が無期限延期となった。事実上、香港デモ隊の勝利だが、中国政府と香港の未来はより大きな課題に直面する事となった。

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が日本の菅義偉新首相に対し、就任を祝福するツイートを投稿した。…
  2. 今年で12周年を迎える「日韓交流おまつり in Tokyo」が9月26日(土)13:00〜16:30…
  3. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »