タグ:香港

  • 揺れ動く香港…アジア金融ハブの地位失うか

    1週間の間、香港を混沌の坩堝に陥れた「逃亡犯条例」の改正案が無期限延期となった。事実上、香港デモ隊の勝利だが、中国政府と香港の未来はより大きな課題に直面する事となった。
  • 香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中国政府と対立した事で、内部分裂が激しくなっている。更に米国が法案に反対する香港市民らへの支持を表明した事で、米中貿易戦争の戦線が台湾に続き香港にも拡がっている様子だ。
  • 香港が大混乱…「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモ

    香港の「逃亡犯条例」改正案をめぐる反対デモが激化している。9日には100万人の市民がデモに参加し同条例に反対したと伝えられている。しかし、香港行政長官は同改正案の成立を進める姿勢で、市民との対立は激しくなる見通しだ。

ピックアップ記事

  1. チョンガーネ(ショッピングモール)で開かれた済州商品のプロモーション「ハロウィンイベント」 済州経…
  2. ‐ヨーロッパ、新型コロナに都市封鎖で強力対応 フランスのエマニュエル・マクロン大統領が現地時間28…
  3. -韓国銀行「2020年第3四半期実質国内総生産(速報)」発表 新型コロナショックにより悪化した輸出…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »