タグ:PM2.5

  • PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

    PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染を経験し、PM2.5を「自然災害」に準ずる社会問題として捉え始めた。またPM2.5への対策を求める市民らの声が高まっており、国会でもPM2.5を自然災害に含めるための関連法改定案を検討中だ。

ピックアップ記事

  1. ‐1人あたり平均27.50ドル購入‐ゲーム機・厨房器具・掃除機などが人気‐コロナの影響で売場訪問急…
  2. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:チェチャンフン)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、11…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »