タグ:Bakkt

  • Bakktの出来高、サービス開始以来最高値記録

    ビットコイン先物取引所であるBakkt(バックト)が序盤の不振を乗り越えて活発な市場活動を見せていると、ビットコインエクスチェンジガイドが6日(現地時間)、報じた。
  • Bakkt、ビットコイン先物取引のテスト開始を発表

    仮想通貨市場の期待を一身に受けている「バックト(Bakkt)」が22日(現地時間)、ビットコイン(BTC)の先物取引や資産委託サービスのテスト運営を開始したと発表した。
  • Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始

    今年中にビットコイン先物取引所を設立することを計画しているBakktは13日(現地時間)、本格的な先物取引のためのテスト運営を7月22日から実施すると公式ブログを通じて発表した。
  • 専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?

    代表的な仮想通貨であるビットコインの価額が最近上昇を続けている。下落傾向の強かったビットコインは今年4月に上昇を始め、5月には8000ドル台を回復してさらなるラリーを準備するような強い動きを見せている。27日はついに8800ドルまで上昇した。8800台にのぼったのは昨年5月以降初めて。
  • 米SEC、ビットコインETFの承認判断をまた延期

    米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは20日(現地時間)、米運用会社ヴァンエックと金融サービス企業ソリッドXが申請したビットコインETF承諾審査を90日延長すると発表した。
  • 「ビットコイン100万円時代」の再到来、原動力は米ウォール街と中国投資家

    米国と中国の投資家らがビットコイン市場に殺到している。米国では、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるICE(インターコンチネンタル・エクスチェンジ)が独自の仮想通貨取引・決済プラットフォームの「Bakkt」を通じたビットコイン先物商品の発売を予告しており、ウォール街の大物投資家らがビットコインを仕入れているとの観測が提起された。一方、中国では
  • “ビットコインは安全資産”認識が拡散

    仮想通貨市場の活況について様々な分析が出ている中、ビットコインが“グローバル安全資産”の役割を果たすとの期待感が拡大し、最近のビットコイン急上昇の原動力になっているとの分析が説得力を増している。
  • スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォーム)にパートナーとして参入すると発表した。これを受け、業界では「スターバックスでビットコイン決済が導入されれば、ビットコインの大衆化が加速する」と期待感が高まっていたが、スターバックスはさらにその先を見据えているのかもしれない。
  • Bakktが大規模の採用開始…実際にサービスはまだ未定

    仮想通貨市場の注目を集めている仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)がサービス開始を控え、大規模の採用計画を実施した。同社は合計8つの分野で求人を実施している。今月24日にサービス開始を予告し、そのための人力補強と見られるが、実際にその日にサービスが開始されるのかどうかは、まだ不透明な状況だ。

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が日本の菅義偉新首相に対し、就任を祝福するツイートを投稿した。…
  2. 今年で12周年を迎える「日韓交流おまつり in Tokyo」が9月26日(土)13:00〜16:30…
  3. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

為替レート

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »