朴槿恵前大統領、上告せず…検察は2審判決に不服

朴槿恵前大統領、上告せず…検察は2審判決に不服

収賄や職権乱用罪などに問われ2審で懲役25年、罰金200億ウォンを言い渡された朴槿恵(パク・クネ)前大統領が最高裁への上告を申し立てなかったことがわかった。

韓国メディアなどによると、朴氏は上告申し立て期限である先月31日まで裁判部に上告状を提出しなかった。しかし、韓国検察が2審判決に不服して最高裁に上告したため、朴氏の意思と関係なく、最終判断を受けることになる。

先月の2審では懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)を宣告した。当時高裁は「被告は、長く親交を維持してきた崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、(崔被告が関係する)財団への資金支援を企業に要求するなど、国民から委任された大統領の地位と権限を乱用し、企業の財産権と企業経営の自由を深刻に侵害した」とし、1審より重い判決を下した理由を説明した。

朴氏は今年4月の1審判決後にも控訴をあきらめるという内容の意見書を裁判部に提出した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  2. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  3. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  5. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
ページ上部へ戻る
Translate »