朴槿恵前大統領、上告せず…検察は2審判決に不服

朴槿恵前大統領、上告せず…検察は2審判決に不服

収賄や職権乱用罪などに問われ2審で懲役25年、罰金200億ウォンを言い渡された朴槿恵(パク・クネ)前大統領が最高裁への上告を申し立てなかったことがわかった。

韓国メディアなどによると、朴氏は上告申し立て期限である先月31日まで裁判部に上告状を提出しなかった。しかし、韓国検察が2審判決に不服して最高裁に上告したため、朴氏の意思と関係なく、最終判断を受けることになる。

先月の2審では懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)を宣告した。当時高裁は「被告は、長く親交を維持してきた崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、(崔被告が関係する)財団への資金支援を企業に要求するなど、国民から委任された大統領の地位と権限を乱用し、企業の財産権と企業経営の自由を深刻に侵害した」とし、1審より重い判決を下した理由を説明した。

朴氏は今年4月の1審判決後にも控訴をあきらめるという内容の意見書を裁判部に提出した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »