韓国エデュテック企業Newinと法務法人ウォン、オンライン教育サービス「ESG KNOW & HOW」スタート…専門家と双方向コミュニケーションが可能

グローバルモバイルラーニングのシステム開発会社であるNewin(ニューイン、代表:ハン・ギナム)と法務法人ウォン(代表弁護士:カン・グムシル、ユン・ギウォン)が共同開発したESG(環境・社会・ガバナンス)オンライン教育サービス「ESG KNOW & HOW」が117日、正式にサービスを開始した。

モバイル環境でESGコンテンツを素材に教育サービスを提供するのは「ESG KNOW & HOW」が韓国初。ニューインでは「専門家との双方向コミュニケーションが可能になり、学習効果を最大化できる事が最も大きな特徴。またモバイルアプリに最適化した環境を提供し、いつでもどこでもスマートフォンで学習できるという点が強み」と話す。「ESG KNOW & HOW」は、ニューインの企業教育ソルーション「TOUCHCLASS」で提供される。

また法務法人ウォンのESGセンターが今回のサービス開発に直接参加し専門性を高めた。法務法人ウォンでは「ESG関連法律諮問・教育のノウハウを積極的に反映させた。それだけではなく、国内外の多様なESG経営事例を基に、実務に適用できるアイディアなどを提示している」と話した。

ユーザーがこのサービスを利用すると、ESG専門家との間で双方向のコミュニケーションが可能になる。ユーザーがESG関連の質問をすると、ESG専門家がこれについて答えてくれる。また毎月行なわれるESG専門家のライブ講義でも質疑応答が可能だ。これ以外にもESG関連コラムやニュース、トレンドコンテンツなどを毎週提供し、ユーザーの多様なインサイト習得に役立たせる。

法務法人ウォンのESGセンター長カン・グムシル代表弁護士は「法律諮問に留まらず、企業のESG経営のための総体的なコンサルティングに向け、今後も多様な活動を展開する計画」と話している。

ニューインのハン・ギナム代表も「一方向的な既存のオンライン教育と違い、ESG KNOW & HOW双方向コミュニケーションはもちろん、ESG関連する現場の話を共有し、積極的に実務に活用できるようにすることが目的」だと、「法務法人ウォン・ESGセンターのESG経営のノウハウとモバイル・ラーニング技術が集約したTOUCHCLASSが出会い、シナジー効果を生み出すだろう」と話している。

一方、ニューインは20209月、横浜に日本法人「株式会社Newin Japan」を設立し、社員研修や営業職教育、人材派遣教育、障がい者エンジニア育成事業など、日本での「Touchclass」普及活動を展開している。

オンライン教育サービス「TOUCHCLASS」公式ホームページ
https://touchclass.jp

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »