グーグルプラス、利用者50万人の個人情報流出か…サービス終了を決定

グーグルプラス、利用者50万人の個人情報流出か…サービス終了を決定

グーグルのソーシャルネットワークサービスの「グーグルプラス(Google+)」の利用者数十万人の個人情報が外部に流出したが、グーグルがこれを公開していなかったと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが8日報道した。グーグルは同日、個人向けサービスのグーグルプラスを終了すると伝えた。

記事によると、ソフトウェアの欠陥で過去2015年から今年3月まで、利用者情報の流出が発生した。流出の恐れがある利用者の数は最大50万人にのぼるとみられる。流出した個人情報には、名前、メールアドレス、生年月日、性別、写真、住所、職業などが含まれていると伝えられている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「グーグルは内部調査で、このような情報流出の恐れを認知していたが、これを公開しなかった」とし「グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)も情報漏えいの事実を利用者に知らせないという決定の報告を受けた」と伝えた。

グーグルは利用者情報流出について「公開するかどうかを検討する際に、正確に情報流出の恐れがある利用者を確認することができるか、誤用の証拠があるか、外部の開発者や利用者がすぐに実行す処置はあるかなどを考慮する」とし「何もここに該当していなかった」と説明した。

また、個人向けサービスのグーグルプラスを終了することと関連しては「利用者の情報流出のためではなく、利用者が少ないからだ」と強調した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »