映画『パラサイト』、中国映画祭で突然上映中止に…当局の検閲か

映画『パラサイト』、中国映画祭で突然上映中止に…当局の検閲か

中国の映画祭で上映される予定だった、カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞した映画『パラサイト』(原題・寄生虫)が、突然上映中止となった。

中国地元英字紙のグローバル・タイムズ紙によると、『パラサイト』は28日、中国西北部・靑海省の省都、西寧市で開催された“西寧ファースト青年映画祭”の閉幕式として上映される予定だったが、「技術的な理由」で中止となった。

主催側は上映中止の理由に技術的な問題だと説明したが、実際には貧富の格差を描いている映画の内容が当局の検閲で問題になった可能性が高いとみられている。

グローバルタイムズも「技術的な理由」は、中国の当局が最もよく使う表現だと伝えた。同紙によると、中国の戦争映画『800(八佰)』も先月、第22回上海国際映画祭で開幕作として上映する予定だったが、「技術的な理由」で中止になった。

この映画が中止になった理由は、1930年代の抗日戦争当時、国民党の軍人たちの活躍を描いていたためだと伝えられている。

中国では、映画やドラマなどのコンテンツに対する統制がますます厳しくなっている。

一方、『パラサイト』は中国の映画レビューサイトで9.2点(10点満点基準)を獲得するなど好評を博した。20日には中国本土ではなく、香港で公開された。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る