映画『パラサイト』、中国映画祭で突然上映中止に…当局の検閲か

映画『パラサイト』、中国映画祭で突然上映中止に…当局の検閲か

中国の映画祭で上映される予定だった、カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞した映画『パラサイト』(原題・寄生虫)が、突然上映中止となった。

中国地元英字紙のグローバル・タイムズ紙によると、『パラサイト』は28日、中国西北部・靑海省の省都、西寧市で開催された“西寧ファースト青年映画祭”の閉幕式として上映される予定だったが、「技術的な理由」で中止となった。

主催側は上映中止の理由に技術的な問題だと説明したが、実際には貧富の格差を描いている映画の内容が当局の検閲で問題になった可能性が高いとみられている。

グローバルタイムズも「技術的な理由」は、中国の当局が最もよく使う表現だと伝えた。同紙によると、中国の戦争映画『800(八佰)』も先月、第22回上海国際映画祭で開幕作として上映する予定だったが、「技術的な理由」で中止になった。

この映画が中止になった理由は、1930年代の抗日戦争当時、国民党の軍人たちの活躍を描いていたためだと伝えられている。

中国では、映画やドラマなどのコンテンツに対する統制がますます厳しくなっている。

一方、『パラサイト』は中国の映画レビューサイトで9.2点(10点満点基準)を獲得するなど好評を博した。20日には中国本土ではなく、香港で公開された。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る