日本だけではない…「トイレットペーパー買い占め」何故?

-英BBCが買い占め現象を分析

新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてトイレットペーパーの買い占めが発生した。英BBCは現地時間4日、他の品物ではなくトイレットペーパーに起こった、この現象を報じた。

トイレットペーパーはマスクの様にウイルス拡散防止に直接役立つ品物ではない。しかし程度の差はあるものの現在、日本、オーストラリア、米国など世界各国でトイレットペーパーの買い占め現象が起こっている。

香港では人々がトイレットペーパーを買うために1時間以上列に並び、武装した強盗がトイレットペーパー数百個を盗んで行く事件も発生した。オーストラリアの大型チェーンスーパー、ウールワースは顧客1人につき、トイレットペーパー4個、消毒剤2個までと購入を制限する事を発表した。

BBCによると、消費者心理学の専門家らはトイレットペーパーの買い占め行動について「非理性的」とし「ソーシャルメディアやニュース報道に触発された集団心理の代表的な例だ」と分析している。

メディアは空っぽになった商品棚を映し出すニュースを連日報じているが、その理由を明らかに出来てはいない。ソーシャルメディアでは、ショッピングカートに品物を大量に詰め込む人々やスーパーの写真が拡散する事で、買い占めを煽る形になっている。

実際に最近日本で起こったトイレットペーパーの買い占めは、ソーシャルメディアで拡散したフェイクニュースがきっかけだった。マスクを作る材料がトイレットペーパーと同じであるとか、中国からの輸入が途絶えて買えなくなるといった内容だった。

またBBCは「自分だけが取り残されたくない」という「FOMO症候群」も原因として上げている。オーストラリアにあるニュー・サウス・ウェールズ大学のニチカ・ガーグ教授は「FOMO症候群が本格化している」と、「例えば中国ではトイレットペーパーがナプキンやティッシュペーパーの代わりにもなり、臨時のマスクを作る事も出来るとの考えから備蓄した」との分析だ。

シドニー大学の消費者専門家、ロハン・ミラー博士は「トイレットペーパーは食べ物や水の様な物に比べて特に生存に必要な訳ではないが、人々はトイレットペーパーを暮らしの最低限の基準として思い込み、買い占めに躍起になっている」とBBCに話している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »