日本だけではない…「トイレットペーパー買い占め」何故?

-英BBCが買い占め現象を分析

新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてトイレットペーパーの買い占めが発生した。英BBCは現地時間4日、他の品物ではなくトイレットペーパーに起こった、この現象を報じた。

トイレットペーパーはマスクの様にウイルス拡散防止に直接役立つ品物ではない。しかし程度の差はあるものの現在、日本、オーストラリア、米国など世界各国でトイレットペーパーの買い占め現象が起こっている。

香港では人々がトイレットペーパーを買うために1時間以上列に並び、武装した強盗がトイレットペーパー数百個を盗んで行く事件も発生した。オーストラリアの大型チェーンスーパー、ウールワースは顧客1人につき、トイレットペーパー4個、消毒剤2個までと購入を制限する事を発表した。

BBCによると、消費者心理学の専門家らはトイレットペーパーの買い占め行動について「非理性的」とし「ソーシャルメディアやニュース報道に触発された集団心理の代表的な例だ」と分析している。

メディアは空っぽになった商品棚を映し出すニュースを連日報じているが、その理由を明らかに出来てはいない。ソーシャルメディアでは、ショッピングカートに品物を大量に詰め込む人々やスーパーの写真が拡散する事で、買い占めを煽る形になっている。

実際に最近日本で起こったトイレットペーパーの買い占めは、ソーシャルメディアで拡散したフェイクニュースがきっかけだった。マスクを作る材料がトイレットペーパーと同じであるとか、中国からの輸入が途絶えて買えなくなるといった内容だった。

またBBCは「自分だけが取り残されたくない」という「FOMO症候群」も原因として上げている。オーストラリアにあるニュー・サウス・ウェールズ大学のニチカ・ガーグ教授は「FOMO症候群が本格化している」と、「例えば中国ではトイレットペーパーがナプキンやティッシュペーパーの代わりにもなり、臨時のマスクを作る事も出来るとの考えから備蓄した」との分析だ。

シドニー大学の消費者専門家、ロハン・ミラー博士は「トイレットペーパーは食べ物や水の様な物に比べて特に生存に必要な訳ではないが、人々はトイレットペーパーを暮らしの最低限の基準として思い込み、買い占めに躍起になっている」とBBCに話している。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »