韓国スタバの集団感染に世界が注目する理由…「コロナ予防にマスクが一番効果的」

来店客集団感染の中、マスク着用のスタッフは感染せず

国京畿道坡州市にあるスターバックスで発生した新型コロナウイルス集団感染の事例が海外で注目されている。海外メディアは多数の感染者が発生したにも関わらず、マスクを着用していたスタッフは全員感染を免れた点に注目した。

現地時間25日、米国のビジネスインサイダーやフォーチュンなどはソウル近郊の坡州市にあるスターバックスで起きた集団感染の事例を伝え、マスク着用の重要性を強調した。

今月8日、集団感染のきっかけになったとみられる新型コロナウイルスの感染者が同店の2階席で2間半程過ごした後、同じ階にいた来店客27人が陽性判定を受けた。

この感染者は当時エアコンの下に座っており、マスクをしていなかった事が分かっている。またほとんどの来店客がマスクをしていなかったという。

一方でマスクを着用し、店舗で勤務していたスターバックスのスタッフ4人は全員陰性判定を受けている。スタッフは随時2階席に出入りしていたが、感染は免れた。

この事例は、新型コロナウイルスが密閉された室内空間でどれだけ早く拡散するかを証明すると同時に、マスク着用が感染する可能性を下げる方法である事を示している。

フォーチュンは「マスクが感染から100%守ってくれる訳ではないが、マスクより効果的な物は無い」との昌原ファティマ病院のマ・サンヒョク医師の言葉を紹介した。

また別の海外メディアは韓国スタバの事例と共に、米国など一部の国で発生しているマスク着用に対する抵抗や誤った情報を憂慮しながら、「スターバックスの事例はウイルス伝播を最小化出来る方法が何なのかを証明する例」だと伝えている。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »