ソフトバンク、エヌビディアにアーム売却…4年で約1兆円の差益

孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。

海外メディアや日本メディアなどと14日、ソフトバンクグループはエヌビディアに対し、アームを400億ドル(約42000億円)で売却する事を発表した。エヌビディアは現金120億ドルと215億ドル相当の株式で支払う事に合意。またアームの業績が一定目標に達した場合、ソフトバンクは現金または株式により50億ドルを追加で受け取る事が出来る。これによりソフトバンクはエヌビディア株の約6.78.1%を保有する事になる。

ソフトバンクは2016年にアームを320億ドルで買収。4年間で80億ドル(約1兆円)の差益を得た。

アームは殆んどのスマートフォンに搭載されるアプリケーション・プロセッサー(AP)を設計した企業。全世界のスマートフォンの90%がアームが設計したAPを使用している。

国に本社を置くアームはスマートフォン以外にもコネクテッド機器、IoT(モノのインターネット)、コネクテッドホーム、自律走行車、スーパーコンピューターなど、多様な分野にライセンスを供給している。主な取引企業はアップル、クァルコム、ファーウェイ、サムソンなど。

一方のエヌビディアはグラフィック処理装置(GPU)分野に特化した米国の半導体設計企業(ファブレス企業)。アーム買収により、積み上げて来たグラフィック技術をモバイル用APなどに投入し、競争力を確保するとみられる。

今回の交渉は米国、英国、中国、EUの承認を得なければならず、公式の承認までは18ヶ月ほど掛かる見込み。

一部では、エヌビディアがアームを買収する事により、ライセンス事業モデルの独占や使用料の引き上げなどで市場に混乱をもたらすとの意見もみられる。これについてエヌビディア側は「今後もアーム成功の基調となったオープンライセンスモデルを続ける」と公式に発表している。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »