ビル・ゲイツ氏、「新型コロナのパンデミックは2022年に終息」

前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワクチンを入手出来ると、2022年にはパンデミックが終息すると発言した。

ゲイツ氏は現地時間15日、英紙デイリーテレグラフとのインタビューで、数ヶ月以内にポジティブな事が起きると、来年新型コロナウイルス感染症が大きく減少した後、年後半にはパンデミックが終息すると、楽観的な見解を明らかにした。

同氏は60%程度の効果が見られるワクチンでも幾何級数的な感染拡大をほぼ防ぐ事が出来ると話している。また新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた国家間の協力が進められれば、事態は2年以内に最大の山を越すとの見方。

同氏は今年の秋、北半球で新型コロナウイルス感染症が減少するとみているものの、継続した国家の介入が無ければ今年春レベルの死者の発生が繰り返されるだろうと話した。

この日のインタビューは、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の進捗状況をまとめた「ゴールキーパーズ・レポート」の発行に合わせて行なわれたもので、ゲイツ氏は飢餓や教育、乳児死亡率などが再び1990年代レベルに後退している事への憂慮を示した。

ゲイツ氏は、1918年のスペイン風邪同様の保健危機は再び、あっという間に発生する可能性があると、経済だけでなく食料や住宅、政治など全ての分野で問題を引き起こすと警告している。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »