チェジュ島, 輸出企業オンラインリモート輸出商談会で “コロナ19克服”

済州特別自治道経済通商振興院(院長:文寬永)は、コロナ19の長期化により輸出を困難とする済州道内輸出企業のため、1013日に済州漢拏大学コンベンションホールで開催された「オンラインリモート輸出商談会」を開き、約222万ドル(25億ウォン)規模のLOI(購入意向締結)という成果を収めたことを明らかにした。

昨年までは対面で行われていたが、コロナ19の影響によりオンラインリモートに切り替えて行われた今回の商談会には、済州特別自治道経済通商振興院海外通商事務所(東京通商代表部、上海代表処)、KOTRAなどが発掘した日本、中国、ベトナム、マレーシア、インド、タイの有力バイヤー65社、化粧品・食品などを取り扱う済州島の輸出企業40社が参加し140件のリモート輸出商談が行われた。その2社が現場で契約に成功し40222万ドル(約25億ウォン)のLOI締結という成果を収めた。

 済州特別自治道経済通商振興院は、オンライン輸出商談会の効率と効果を最大限に生かすため2ヶ月前からのオンライン輸出商談会への参加を募り、取引を希望する海外バイヤーを集中的に発掘した。また企業とバイヤー間で紹介資料やサンプルなどを事前送付するなど準備を徹底した。

これらの事前準備を通じて会場では実質的な取引を中心とした商談が進められ、取引成功率を高めた。商談会当日、会場に通訳と貿易専門コンサルタントを配置し円滑な商談が実現した。また、将来的に実質的な輸出成果に繋がるよう商談バイヤーの管理を強化し、他社との交流をサポートするなどフォローアップを継続して行っていく予定だ。

一方、済州特別自治道経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勲)は、今回のイベントで日本のバイヤー7社とのマッチングを介し、商談件20(商談額230万ドル)、現場契約及びMOU3(13万ドル)締結という成果を上げた。

済州特別自治道経済通商振興院は「コロナ19により世界的な景気萎縮と海外訪問の制限により輸出活動が困難な状況の中、今回のようなオンライン及びリモートを中心とした海外マーケティング支援を継続的に推進し、海外通商事務所ネットワーク、オンライン輸出プラットフォームなど貿易インフラを活用して済州島内の輸出企業に実質的な助けとなるよう最善を尽くす」と意志を明らかにした。

問合せ先:()済州経済通商振興院東京通商代表部

HPhttp://www.jeju.or.jp/

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »