米テスラ、完全自動走行機能公開

国のEV車メーカー、テスラの完全自動走行(Full Self-Driving·FSD)ベータサービスがスタートした。

ITメディアのテッククランチなどによると22日、テスラは今月20日のソフトウェア・アップデートを通じ、限られた顧客を対象に完全自動走行(FSD)ベータサービスを開始した。

この機能を利用すれば、高速道路での車線変更、ナビゲーションの経路に従い分岐点を選択、左折や右折も可能となる。

この機能を体験した利用者らはユーチューブやツイッターなどのSNS体験談を上げている。利用者らは「斬新で驚いた」と、「操作する事が無かった」との反応だ。

しかし安全問題について心配する声もある。

ITメディアのザ・ヴァージは「ベータ水準のソフトウェアを検証するため、訓練されていない消費者を一般道で使用する事は危険だ」と指摘。

国道路交通安全局(NHTSA)も声明を出し、「テスラの新技術を綿密に監視する」と、「危険から人々を守るための措置は怠らない」と伝えた。

テスラ側も「FSDベータサービスは初期バージョンであり、ドライバーは重々注意して使用しなければならない」と話している。

テスラのイーロン・マスクCEOはこの日、ツイッターでFSDベータサービス公開の事実を伝え、今月26から完全自動走行パッケージの価格を8000ドル(約838000円)から1万ドル(約1047500円)に引き上げる計画だと発表した。

またテスラは前日、第3四半期業績報告書で売上高が過去最高となり、5四半期連続の黒字となった事を発表した。

テスラが21日に発表した内容によると、本年第3四半期の売上高は877000万ドル(約9184億円)で過去最高を記録した。

純利益は33100万ドル(約3466000万円)と、昨年同期比で2倍以上の増加となった。ひと株あたりの純利益はウォール街の予測値57セントより高い76セントだった。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  3. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  4. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  5. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
ページ上部へ戻る
Translate »