米テスラ、完全自動走行機能公開

国のEV車メーカー、テスラの完全自動走行(Full Self-Driving·FSD)ベータサービスがスタートした。

ITメディアのテッククランチなどによると22日、テスラは今月20日のソフトウェア・アップデートを通じ、限られた顧客を対象に完全自動走行(FSD)ベータサービスを開始した。

この機能を利用すれば、高速道路での車線変更、ナビゲーションの経路に従い分岐点を選択、左折や右折も可能となる。

この機能を体験した利用者らはユーチューブやツイッターなどのSNS体験談を上げている。利用者らは「斬新で驚いた」と、「操作する事が無かった」との反応だ。

しかし安全問題について心配する声もある。

ITメディアのザ・ヴァージは「ベータ水準のソフトウェアを検証するため、訓練されていない消費者を一般道で使用する事は危険だ」と指摘。

国道路交通安全局(NHTSA)も声明を出し、「テスラの新技術を綿密に監視する」と、「危険から人々を守るための措置は怠らない」と伝えた。

テスラ側も「FSDベータサービスは初期バージョンであり、ドライバーは重々注意して使用しなければならない」と話している。

テスラのイーロン・マスクCEOはこの日、ツイッターでFSDベータサービス公開の事実を伝え、今月26から完全自動走行パッケージの価格を8000ドル(約838000円)から1万ドル(約1047500円)に引き上げる計画だと発表した。

またテスラは前日、第3四半期業績報告書で売上高が過去最高となり、5四半期連続の黒字となった事を発表した。

テスラが21日に発表した内容によると、本年第3四半期の売上高は877000万ドル(約9184億円)で過去最高を記録した。

純利益は33100万ドル(約3466000万円)と、昨年同期比で2倍以上の増加となった。ひと株あたりの純利益はウォール街の予測値57セントより高い76セントだった。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »