焦るトランプ氏の「ツイート連発」にツイッターは「警告連発」

写真はトランプ氏のツイッタ

大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国大統領のツイートが次々に警告を受けた。

ニューヨーク・タイムズなどによると現地時間4日、大統領選挙が行なわれた現地時間3日から1日の間に、トランプ大統領の6つのツイートがツイッターから注意を受けた。ツイッターは早々の勝利宣言の様な規定に違反しているトランプ大統領のツイートに警告ラベルを加えた。大衆を混乱させる根拠の無い主張だというのが理由。以後も同様に、規定に違反している主張のツイートは全て警告処理された。

ホワイトハウスのケイリー・マクナニー報道官、トランプ大統領の次男エリック・トランプ氏らのツイートも同様の理由で警告を受けた。彼らはトランプ大統領同様にペンシルバニア州などでの投票結果について勝利を宣言していた。

この日のトランプ大統領のツイートのうち、少なくとも3つは完全に非表示となっており、1つは部分的に非表示となっているが、ツイッターはユーザーが望めば閲覧出来る様に「表示」機能を設定している。しかしツイッターは規定に違反している該当ツイートのリツイートを出来ない様に制限している。大半の投稿は米大統領選挙に関連したもので、この中には「投票用紙が捨てられた」、「(彼らが)選挙を盗もうとしている」などのツイートが含まれる。

トランプ大統領は同日午後、ペンシルバニア州をはじめ、ジョージア州、ノースカロライナ州での勝利を早々に宣言していた。しかし現地時間4日午後815分現在、ジョージア州とノースカロライナ州では1%内の接戦を繰り広げており、トランプ大統領が10%以上リードしていたペンシルバニア州での差も3%台まで縮まっている。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

Attachment.png

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »