焦るトランプ氏の「ツイート連発」にツイッターは「警告連発」

写真はトランプ氏のツイッタ

大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国大統領のツイートが次々に警告を受けた。

ニューヨーク・タイムズなどによると現地時間4日、大統領選挙が行なわれた現地時間3日から1日の間に、トランプ大統領の6つのツイートがツイッターから注意を受けた。ツイッターは早々の勝利宣言の様な規定に違反しているトランプ大統領のツイートに警告ラベルを加えた。大衆を混乱させる根拠の無い主張だというのが理由。以後も同様に、規定に違反している主張のツイートは全て警告処理された。

ホワイトハウスのケイリー・マクナニー報道官、トランプ大統領の次男エリック・トランプ氏らのツイートも同様の理由で警告を受けた。彼らはトランプ大統領同様にペンシルバニア州などでの投票結果について勝利を宣言していた。

この日のトランプ大統領のツイートのうち、少なくとも3つは完全に非表示となっており、1つは部分的に非表示となっているが、ツイッターはユーザーが望めば閲覧出来る様に「表示」機能を設定している。しかしツイッターは規定に違反している該当ツイートのリツイートを出来ない様に制限している。大半の投稿は米大統領選挙に関連したもので、この中には「投票用紙が捨てられた」、「(彼らが)選挙を盗もうとしている」などのツイートが含まれる。

トランプ大統領は同日午後、ペンシルバニア州をはじめ、ジョージア州、ノースカロライナ州での勝利を早々に宣言していた。しかし現地時間4日午後815分現在、ジョージア州とノースカロライナ州では1%内の接戦を繰り広げており、トランプ大統領が10%以上リードしていたペンシルバニア州での差も3%台まで縮まっている。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

Attachment.png

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »