バイデンとファイザーに対する「W期待感」…ゴールドマンは「V字回復」展望

米民主党ジョー・バイデン候補の大統領選勝利と米製薬企業ファイザーによる新型コロナワクチン開発のニュースが重なり、ニューヨーク株式市場が急騰、市場が沸き上がった。いくつかの不確実性が解消された事で、市場は萎縮していた経済がいよいよ回復するとの期待感に満ち溢れている。

バイデン候補が当選を確実にした後、初の取引日となる現地時間9日、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価指数は3%近く急騰し、S&P500数も1.17%上昇して取引を終えた。

ダウ平均株価指数は取引時間中、一時前日比1600ドル以上上昇した29933.83ドルまで上げ、取引時間中の最高値を記録した。S&P500数とナスダック指数も取引時間中の最高値を記録している。

ファイザーの新型コロナワクチン開発が成功に近づいているとのニュースは株式をはじめとするリスク資産全般を爆発的に押し上げた。

ファイザーとドイツのバイオエヌテックはこの日、開発中の新型コロナワクチンが最終臨床試験で90%以上の予防効果を見せたと発表した。

重大な安全性への憂慮も報告されておらず、ファイザーはデータを検証した後、11月の第3週には米FDA(食品医薬局)に対し、緊急使用の承認を申請する方針。ファイザーの株価は7.7%上昇している。

米大統領選の不確実性が解消された事も投資心理を支えている。かつてない程に長引いていた開票作業の結果、米大統領選は7日、バイデン候補が当選を確実にした。

ドナルド・トランプ大統領はこれを不服としており、訴訟戦を繰り広げるとの方針だが、選挙結果がひっくり返る可能性はほぼ無いとみられる。

バイデン候補の当選と新型コロナワクチンへの希望により、グローバル経済回復への自信も高まっている。米投資銀行ゴールドマン・サックスは世界経済の回復が予想より強まったと、V字型に急反騰する可能性もあるとの見方だ。

先週末にゴールドマン・サックスが発表した2021年グローバル経済展望報告書によると、バイデン当選人が就任する120以前に少なくとも1兆ドル規模の景気浮揚策が施行されるとみられる。共和党が上院を引き続き掌握する可能性が高く、バイデン政権の経済政策は難航が予想されるが、まずは新型コロナの危機克服に向けた景気浮揚策が施行されるとみられる。

ゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミスト、ヤン・ハチウス氏は報告書で「世界経済は今春の封鎖以降に反騰したものより、もっと強く成長する可能性がある」と、「FDA来年1月に少なくとも1種類のワクチンを承認し、以後速やかに集団免疫が形成されれば、第2四半期の成長は急反騰するだろう」と話している。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »