何故?中国製ドローンがソウルの空を飛ぶ?

1111日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれた都心航空交通ソウル実証イベントでの中国企業「イーハン」の2乗りドローンタクシー用機材「EH216」によるテスト飛行の様子/写真=ソ・ドンイル記者

-韓国政府、ソウル市のドローン事業推進も中国製ドローンタクシーでテスト飛行

国政府とソウル市が中国製ドローンタクシーをソウルの空に飛ばし、ドローンタクシーを早期の内に導入するとのプランを明らかにして顰蹙を買っている。現地のネットユーザーらは「よりによって中国製か」と、韓国政府とソウル市を非難している。

国政府などによると12日、韓国国土部とソウル市は前日11日にソウル市の汝矣島で「都心航空交通ソウル実証」イベントを開催した。

この日のイベントでは各種技術の披露と展示が行なわれたが、最も注目を集めたのはドローンタクシーだった。ドローンタクシーが都市圏の地上交通混雑問題を解決する方法として脚光を浴びているためだ。

問題はこの日飛んだドローンタクシーが中国製のEH216だったという点。EH216は中国企業「イーハン」社の製品だった。ソウル市はこの中国製ドローンを3億ウォン(約2800万円)で購入している。この中国製ドローンタクシーは屈強な成人男性1人の体重に該当する80kgの米を載せてソウル中心部を飛び交った。中国製ドローンタクシーはこの日、汝矣島漢江公園、西江大橋、パムソム、麻浦大橋一帯の1.8km2周し、7分間の飛行を行なった。

現地のネットユーザーらは「大韓民国は中国ドローンの試験台か」と、韓国政府とソウル市を非難している。また別のネットユーザーは「親中政府だからではないか」と不満を表している。

国政府は2025年にドローンタクシーの試験サービスを開始し、2028年には本格的に実用化させる方針だ。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »