話題のモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」、日本サービスを開始!

国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日本サーブスをスタートし日本消費者の反応が注目されている。

株式会社Newin Japan24日、社内研修及び学校現場での教育に向けたモバイルラーニングソリューションである「タッチクラス(Touchclass)」のサービス提供を開始したと発表した。

同社は、2010年に設立してコンテンツ関連ソフトウェアを研究・開発している韓国の「Newin Inc.」の日本支社で、20209月に正式に設立した。同社で開発したソフトウェアはEラーニング統合ソリューションの「Newcampus」、インタラクティブなコンテンツ著作ツールである「nTools」、動画プレーヤー「nPlayer」、モバイルラーニングソリューション「Touchclass」があり、現在150120万人の使用者を保有している。

特に「タッチクラス」への消費者の関心が大きく、韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用している。

タッチクラスはインターネットアプリケーションプラットフォームとして、企業内の役職員に情報を効率的に伝達し、早く習得させるための次世代Eラーニングソフトウェア。管理者に学習管理ツール、著作ツール、学習ビッグデータ分析ツールを提供するとともに、ユーザーにはモバイルとウェブで学習ツールとコンテンツ、多様な学習ツールをサービスするのはタッチクラスの特徴だ。そのため、企業教育(HRD)で最近話題になっているモバイルラーニング、協業学習、JIT(Just in Time)学習、アダプテッドラーニングが可能となっている。

またコンテンツエディタを通じてテキスト、イメージ、動画、クイズ、アンケートなどの要素などを活用したコンテンツを簡単かつ早く制作できる。他にも、ゲーミフィケーション、学習ビッグデータ分析、ウェブ方式のコンテンツ著作ソフトなどの技術が組み込まれておる。

海外進出のためのグローバルライジング作業(UX/UIシンプリフィケーション、ドキュメンテーション作業など)も完了されており、英語、日本語、インドネシア語、ベトナム語バージョンが開発されている。

最近、福岡で開かれた「タッチグラス」に関する企業説明会。

Newin Japanは「HRDでのモバイルラーニング、協業学習、JIT(Just In Time)学習、アダプテッドラーニング、ゲーミフィケーションなどの教育トレンドを実行できるソリューションだ。学習ビッグデータ分析、ウェブ方式のコンテンツ著作ソフトなどの技術が融合し、管理者が教育における全過程を当該ソリューションを通じてすべて管理ができる」と タッチクラスの特徴を説明した。

また「スマートフォンを利用して一般的に消費する面白いコンテンツの形態を企業教育でも可能にした。オフラインだけで行われていた従来の方式から脱却し、モバイルを通じて学習することで企業の競争力と生産性を向上させると期待している。またコンテンツをサービスする企業(学教育、資格証教育など)はソリューションに対する投資なしに直ちにモバイルサービスが可能で、サービス品質向上及び事業拡大が可能となる」と語った。

モバイル使用率が高い日本でもモバイル教育に対する需要が多いため、「タッチクラス」への関心は大きくなるとみられる。特に内部マニュアルを重視する日本企業の文化に注目してマニュアル製作·配布を可能にした機能を搭載した点、多言語版を利用して全世界職員教育ができる活用性などが評価されている。

Newin Japanは「新型コロナウィルスの影響により、集合教育が出来なくなっている企業に、ニーズに合わせたサービスを提供しながら、ポストコロナ時代に向けたサービスを提供していきたい」と伝えた。

株式会社 Newin Japan
ホームページ : www.touchclass.com

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »