BTS、ビルボードチャート62年の歴史で初の快挙

米ビルボードの公式Twitterのキャプチャー

国語曲の1位は史上初

BTSの新アルバム「BEDeluxe Edition)」のタイトル曲「Life Goes On」が米ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で1位を獲得した。韓国語曲が1位を獲得するのはビルボードチャート62年の歴史で初めての事。

現地時間1130日、米国音楽専門メディアのビルボードはホームページに予告記事を掲載し、「‘Life Goes On’‘Dynamite’BTSがコラボしたジェイソン・デルーロの‘Savage Love’リミックスバージョンに続く、BTSによる3度目の‘HOT100’1位曲」と報じた。

また「韓国語の歌詞が主となる曲の1位獲得はビルボードチャート62年の歴史上で初めてだ」と、「英語でない歌詞の曲としては、歌詞の殆どがスペイン語だった2017年のルイス・フォンシ(ft.ダディー・ヤンキー)の‘Despacito’来」と報じている。スペイン語曲の「Despacito」は2017年に16週間1位をキープした。

HOT100」のランキングは米国全ジャンルのストリーミング(公式音源とビデオ)とラジオ放送にアルバム販売量を合算して決定する。「Life Goes On」はニールセン・ミュージック/MRCデータの集計によると1126日までに、米国内で1490万回のストリーミング回数と15万枚のアルバム・音源販売を記録している。更に1129日までにラジオ放送で41万ポイントを獲得した。

BTSはこれに先立ち、95日付のビルボード「HOT100」チャートでデジタル・シングル「Dynamite」が初の1位を獲得、912日付のチャートまで2週連続で1位を守り「韓国歌手初」の歴史を築いた。更にコラボ作品の「Savage Love」リミックスバージョンでも1017日付の「HOT100」チャートで1位を獲得している。

HOT100」チャート1位を連発し、韓国を飛び越え米国大衆音楽史にも名を残したBTSは、3ヶ月振りの新アルバム「BE」でも再び新たな記録を打ち立てた。

BTSは「BE」とタイトル曲「Life Goes On」でそれぞれ「HOT100」と「ビルボート200」の1位を獲得、ビルボートの2つのメインチャートを同時に制覇した。

これまで同一週に2つのメインチャートで同時に新規1位を獲得したアーティストはBTSとテイラー・スイフトのみ。

BTSはこれ以外にも、125日付の最新チャートで「トップアルバムセールス」と「デジタルソングセールス」で1位を獲得し、世界的な人気を証明した。BTSが「HOT100」の1位を獲得した125日付の全チャートは、121日にビルボートの公式ホームページで公開される。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »