米ファイザー、「錠剤形コロナ治療薬を年末までに開発」

国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は錠剤の治療薬が開発されれば、今後は病院に行かずとも新型コロナウイルス感染症を治療出来ると伝えた。

米ファイザー社のアルバート・ブーラCEOは現地時間27日、米経済専門メディアCNBCに出演し、口から飲む経口用抗ウイルス剤を開発中であることを明らかにした。同CEOは「我々が現在と同じスピードで、かつ規制当局も同じスピードで対応するなど、全てのことが上手くいけば年末までには発売出来るだろう」と話している。

現在、米食品医薬局(FDA)が承認した新型コロナ治療薬は、米製薬企業ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」が唯一。レムデシビルは静脈に投与する注射薬だ。

ブーラCEOは「経口薬の長所のうちのひとつは、治療を受けるために病院に行く必要が無いということ」だと、「自宅で薬を服用出来る。それがゲームチェンジャーになり得る」と話した。米ファイザーが開発中の新型コロナ経口薬は、たんぱく質分解酵素のプロテアーゼを抑制し、細胞内でウイルスの自己複製を出来なくさせる役割を果たす。

CEOは「この薬は現在出ている薬より変異ウイルスに効果的だろう」とみている。また今年の夏後半に、経口薬について更に多くの情報を公開すると発表した。

米ファイザーは昨年、ドイツのバイオエンテックと共同で新型コロナワクチンを開発している。

米ファイザーは現在、16才以上の成人に接種されているワクチンの使用年令を下げるべく、青少年及び子供用のワクチン開発を急いでいる。これに先立ち米ファイザーはFDA対し、ワクチン使用年令を1215才に拡大することを要請した。ブーラCEO27日のインタビューで、FDA青少年へのワクチン使用承認について「非常に楽観的」だと話した。

翻訳︰水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国産の発酵紅参を輸入・販売するヒストリーメーカージャパンが、日本有数の旅行社エイチ・アイ・エス(…
  2. フィナンシャルニュースジャパンが運営するインターネットニュースサイト「fnnews.jp」が、関西…
  3. 京都サンガFC監督を務めている曺貴裁氏が来年1月11日、京都国際中学高等学校で講演会を行う。 1.…
  4. 駐大阪韓国文化院は12月4日(土)、福岡国際会議場で第12回「話してみよう韓国語」福岡大会を開催し…
  5. 駐大阪韓国文化院とコリアNGOセンターは、韓日交流の痕跡を辿るオンライン散策<大阪コリアタウ…
ページ上部へ戻る
Translate »