トランプ大統領支持率、政治的危機にも安定感

トランプ大統領支持率、政治的危機にも安定感

ドナルド・トランプ米国大統領の支持率が、このところの政治的危機にも関わらず安定感を見せているという世論調査の結果が26(現地時間)、発表された。

同日発表されたウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)/NBCの世論調査の結果によると、回答者の44%はトランプ大統領の職務遂行を支持している。今回の世論調査は、先週トランプ大統領の大統領選の選挙本部長だったポール・マナフォート氏と、個人弁護士のマイケル・コーエン氏の有罪が認定された直後に実施され、関心を集めていた。

マナフォート氏は21日、脱税や金融詐欺など8つの容疑について、陪審員から有罪評決を受けた。コーエン氏も同日、ニューヨーク連邦法院に出頭し、選挙資金法と金融詐欺などの容疑について有罪と認定された。特にコーエン氏は、トランプ大統領との性スキャンダルを提起した女性らに口止め料として金銭を支払った事が、トランプ大統領の指示によるものだったと証言し、大きな波紋を呼んでいた。コーエン氏に対する捜査がトランプ大統領の選挙法違反との結論に至ると、弾劾に進展する可能性も取り沙汰されている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、今回の世論調査に現れた44%というトランプ大統領の支持率は、マナフォート氏とコーエン氏の事件が拡大する直前の支持率46%より若干低いものの、誤差の範囲内の数値であり、統計学的には重要でないと評した。一方、同期間でトランプ大統領を支持しないと答えた回答者は51%から52%に増加した。

調査を担当していた民主党所属の調査員ピーター・ハート氏は、「世論調査の結果は、先週のトランプ大統領の過去の側近らの有罪評決と有罪認定が、11月の中間選挙の分水嶺になると期待していた反トランプ陣営に異議を唱えた」と語った。

一方で今回の調査は、トランプ大統領就任後、大統領を取り巻く様々な議論にもびくともしない姿を見せて来たトランプ大統領の、中心支持層のトランプ大統領に対する忠誠度を今一度証明してみせた。共和党所属の世論調査員ビル・マッキンターフ氏は「とてつもない事件を経験した。しかし支持率は大きく変わっていない」と話した。

翻訳:水野卓

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »