コロナに苦しみつつも日々の活動着実に前進…民団社会2021年

75周年を迎えるあたり、韓日友好親善同胞の生活と権益守護次世代育成の3大重点課業と、組織基盤強化と同胞社会の和合組織力量の強化韓半島の平和寄与の3つの重点方針を掲げた2021年。しかし、2年越しに続く、コロナ禍の影響で、多くの行事や事業が中止・延期・規模縮小の状態を余儀なくされた。次世代育成イベントのシンボルでもあるオリニジャンボリーと中・高校・大学生の母国訪問研修も2年連続で中止に追い込まれた。

13回目を迎えた韓日祝祭ハンマダン(日韓交流おまつり)も昨年に続くオンライン方式での開催となった。しかし、前年の経験を生かし、各地方本部と支部、そして傘下団体はネットを活用したアプリを駆使してオンラインとオフラインを合わせたハイブリッド形式でイベントや会議などを展開した。あわせて、10月に緊急事態宣言が全国的に解除されたことに伴い、各地方と傘下団体が一斉に対面形式に転換し、この2年分の「再会の場」で同胞たちの笑顔が戻り始めた。

婦人会では6月に約2年ぶりとなる全国大研修会を開催、青年会も11月に第33回「コリアン・ユース・アカデミー」(KYA)を対面形式で開催し、再会を喜び合った。

また、中央本部のメンバーが加勢した集中活動、「ネットワークを作ろう!家庭訪問活動」を香川、奈良で展開したほか、各地方がコロナ禍の団員の安否確認と激励する訪問活動も展開された。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »