「キムチに合う日本食はたこ焼き」日本の中高生による韓国語スピーチ大会 

ー今年で20年目述べ2100人の中高生が参加
5日、東京の駐日韓国文化院で首都圏大会開催
ー最優秀チームは312日の全国大会に参加

日韓関係悪化が続く中、両国の未来の架け橋となる日本の中高生らが東京で韓国語の実力を競い合った。

東京にある駐日韓国文化院で今月5日に開かれた韓国語スピーチ大会「話してみよう韓国語」(東京など首都圏地域)に、1次審査を通過した中高生68人(38チーム)が参加した。今回の首都圏地域大会で最優秀賞を受賞したチームは来月12、日本全7地域の各代表が揃う全国大会に参加する。

2003年の第1回大会に約30人が参加して以来、現在では成人大会と学生部門に分けて開催しなければならないほど韓国語に対する関心が高まっており、この大会に参加した中高生は20年間で2100人を超えている。今年は新型コロナウイルス感染拡大による休校やオンライン授業転換などで、韓国語学習を続けるのが難しい環境だったにも関わらず、29校から総勢125人が応募した。

今年の東京など首都圏地域スキット部門最優秀賞は、松戸国際高校3年のオガワ・カホさんとカワダ・ヒナさんが受賞した。2人は辛いキムチによく合う日本食はたこ焼きだと、たこ焼きの上に鰹節の代わりにキムチを乗せて食べる場面を見事に演出した。2人は「新型コロナで休校が続く中、練習もしっかり出来なかったけれど、オンラインでセリフを合わせて、一生懸命準備しました」と話した。

スピーチ部門では鉄道旅行をテーマにした加藤学園暁秀高校2年のナカムラ・シオン君が最優秀賞の栄冠に輝いた。

駐日韓国文化院の孔炯植(コン・ヒョンシク)院長は、「今年で20回を迎えるこの大会に参加した中高生が2100人に達した」と、「これまでに参加した人たちが今の日韓の友情をより篤くするため、どこかで寄与してくれていると信じている」と大会への所感を述べた。

この日の大会は新型コロナ感染防止対策として、大会参加者と関係者のみが見守る中、無観客で行なわれた。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »