[本紹介]学校では学力が伸びない本当の理由

−15刷8万部『残念な教員』著者(現役教師)による、危機の教育論。
より良い教育のための提言

内容紹介】
既存の学校から離脱する子供たち、そうした子供たちに対する教育行政の実情、学校や授業を壊していく児童・生徒の現状、学校では勉強ができるようにならない理由、大学や短大・専門学校への最新進学事情、学校という空間・組織が児童・生徒に与える負の心理的側面、学校教師の社会的地位の変化、PTAの感覚変化、世界の学校事情……学校をめぐる数々の問題について、マクロとミクロの視点を行き来しながら、海外との比較も踏まえて論じ、より良い教育を実現するための提言を行う。現役教師で、8万部の『残念な教員』著者による、危機の教育論。

【本文引用】
学校には内職をしに行っている感じです」
「受験が近いんで学校を欠席してます」

こういう受験前の児童・生徒の本音を、学校教師として、また予備校講師として多数聞いてきた。受験での合格という自己利益を優先する行為は、学校中心主義の人々からは嫌われ、徳育の観点から教員には厳しく咎められる。しかし、これは矛盾していないか。学校の授業が自分にとって低次元だから、あるいは自分にとって必要のない科目だから、授業内容とは関係ない内職為をしたり、学校を欠席したりする。当然の思考ではないか。

そういう事態を防ぐには、質の高い授業を用意し、学ぶタイミングや量、順序が考え抜かれたカリキュラム設定が行われて然るべきではないか。それができていないから、児童・生徒から「学校では学力が伸びない」と思われるのである。大人の側が、もっと適切なプログラムを用意するべきだろう。(「はじめに」より)

【著者紹介】
林純次(はやしじゅんじ)
1975年埼玉県生まれ。京都大学大学院教育学研究科修了。大学卒業後、大手新聞社に記者として入社。事件・事故、医療、政治、教育、高校野球などを担当する。フリーランスジャーナリストに転身した後は、カンボジアやパレスチナなどの貧困地帯や紛争地域を取材。教育者に転身し、国語教育や平和教育に勤しむ。2012年度読売教育賞優秀賞(国語教育部門)受賞。IB(国際バカロレア)校での教頭職や教員研修の講師を経て、現在は関西の私学で教鞭を執る傍ら、国内外の中等教育校のスーパーバイザーや教師向けのインストラクターを務めている。著書に『残念な教員』『本物の教育』(いずれも光文社新書)などがある。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 絶妙な辛さとイイダコの食感を堪能できる韓国料理「チュクミ」。このチュクミ料理を韓国本場の味そのまま日…
  2. 韓国教育財団は28日、今年2回目となる韓国語能力試験「第83回TOPIK」の受験申請を5月2日からス…
  3. 写真はTwitterより ロシアによるウクライナ侵攻が無慈悲な民間人虐殺にまで及ぶ中、ウクラ…
  4. 日本で約50店舗を運営する、K-ビューティー・セレクトショップの代表ブランドとして有名な「cos:m…
  5. ー先週、世界の新規感染者数8%増加 ー韓国の新規感染者数210万人で最多 韓国は先週(3月7〜13日…
ページ上部へ戻る
Translate »