米・英、ロシア産石油の禁輸を発表…EUはロシアガス輸入を3分の2削減 

国と英国は8日(以下現地時間)、ロシアからの石油輸入禁止を決めた。 欧州連合(EU)は石油輸入禁止には参加しないが、1内にロシア産天然ガスの輸入を3分の2削減することを発表した。

米、ロシア産の原油輸入中止

国のバイデン大統領はこの日、ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁手段として、ロシア産石油、ガス、石炭などエネルギー輸入を禁止すると明らかにした。

CNNなど外信によると、バイデン氏はホワイトハウスで「今日、米国がロシア経済の主要動脈を直接狙うことを宣言する」とし「米国はロシア産の石油·ガスとエネルギー輸入を禁止する」と発表した。また「これはロシア産の石油がこれ以上米港に入れないことを意味する」と述べた。

国のロシア産エネルギー禁輸措置は、欧州同盟との共助なしの単独決定だ。欧州では英国などがロシア産のエネルギーの禁輸を強く求めているが、ドイツやハンガリーなどは、「対案がない」としてこれに反対している。

国のロシアからのエネルギー輸入規模は大きくない。昨年、米全体エネルギー供給の約8%水準で、原油が占める割合はわずか3%だった。しかし、石油をはじめ全世界市場が絡み合っており、米国のロシア産エネルギー禁輸措置は、直ちにエネルギー市場に衝撃を与えた。

国も参加

バイデン大統領の発表後、しばらくしてボリス·ジョンソンの英政府もロシアからの石油輸入を徐々に減らし、年末には輸入を中止することにした。

国は、欧州大陸の国々と違って、ロシア産石油への依存度は大きくない。ロシア全体石油輸出の2%に過ぎない。英国はまた、今週後半にロシア産ガス輸入の削減計画も発表する予定だ。

■EUはガス輸入量を削減

EUは石油輸入の削減はしないことにした。ドイツやハンガリーなどの反対が激しく、石油輸入は続けるとしたが、ロシアからの天然ガス依存度を大幅に下げることで合意した。

欧州のロシア産石油依存度は非常に高い。ロシアからの石油輸出量の60%欧州へ向かう。約1480万バレルに達する規模だ。

そのためEUはより現実的な代案を模索することにした。ロシアからのガス輸入規模を1年以内に3分の2減らすことにした。

現在、EUガス需要の40%、石油需要の25%をロシアが供給している。EUはロシアからのガス輸入を削減するため液化天然ガス(LNG)輸入を拡大し、風力·太陽光発電を増やす方針だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »