「東京食品博覧会」に済州企業が多数参加…輸入商談総額194万ドル 

済州経済通常振興院東京通商代表部(所長:崔滄勲)は、済州企業の日本市場進出拡大のため千葉県幕張で開かれた「第47回東京食品博覧会(FOODEX JAPAN 2022)」に参加した済州企業の輸出活動を支援した。

FOODEX JAPAN 2022はアジア最大級の国際食品展で、308()311()までの4日間、日本と世界各国の農水産物・農水産加工品会社およびバイヤーが博覧会に参加した。

今回の東京食品博覧会はコロナ19の影響により済州企業が直接参加する形はなく、aTセンター東京支社が各企業の製品サンプルを受け取り準備を行い、済州経済通商振興院東京通商代表部がブースに常駐し済州企業と現地バイヤーとのマッチングおよび輸出商談を担当した。

済州特別自治道からは、株式会社ウヨンET(代表取締役:ウ・フン)8製品、済州COOP協同組合(サムダオメギ、エコジェフード、アチムミソ牧場、ヘルスセット、エウォルアッパドゥル)12製品を出展した。

FOODEX JAPAN 2022

東京通商代表部がブースに常駐し済州企業と現地バイヤーとのマッチングおよび輸出商談を担当した。

株式会社ウヨンE&T

済州経済通商振興院東京通商代表部は、これまでの済州企業および済州製品のデータを十分に活用し、済州企業のブース装飾から製品の翻訳、商品規格書の制作・配布などを担当し日本バイヤーとの交渉と現場での輸出商談を行った。

4日間行われた博覧会で、ウヨンET5万ドル、済州COOP協同組合は12万ドル相当の輸出契約を結び、輸入商談総額約194万ドルの成果を上げた。.

済州経済通商振興院 東京通商代表部は「コロナ19により海外バイヤーとオフライン商談が難しい状況で済州企業のローカライゼーションの役割および市場開拓活動を直接推進し大きな輸出成果に繋げた」と今回の成果を評価し、「数年間積み重ねてきたバイヤーDBおよびノウハウをもとに海外マーケティングの困難に直面する済州企業の日本輸出の架け橋的役割を担っていきたい」と語った。

お問い合わせ : ()済州経済通商振興院東京通商代表部
         Tel) +81-3-6457-7112  Fax) +81-3-6457-7282
         Mobile) +81-80-3696-0868
         E-mail) nicekuki@naver.com

Instagram
https://www.instagram.com/jejujapan/ 

YK COMPANY契約締結写真

済州COOP/済州経済通常振興院東京通商代表部の崔滄勲所長

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »